TEA FOR ONE

まぁお茶でも飲みながら気ままに、好きなことを、すこ~しネタバレしながら、のんびりと………。

ターコイズ・ブルーのツェッペリン




 これを見て「おおっ!」と声が出たひとは、かなりのツェッペリン・マニア。

 これは、泣く子も黙る『ツェッペリン1st』の幻の英国初回プレス盤で、たったの2000枚ほどしか流通されていない“ターコイズ・ロゴ”のジャケット。

 この蒐集家泣かせの“ターコイズ・ロゴ”が、いま流行の新フォーマットSHM-CDとして、再々度の紙ジャケットとして9月10日に復刻される。

 これまで2度(1997年&2003年)の紙ジャケット仕様が発売されたのだが、どちらも、US盤仕様のA式ジャケットに加えアナログ盤への忠実度が貫徹されていないことで満足のいく出来ではなかった。(2003年発売は帯をアナログ仕様に変更しただけのもの)



 今回は英国オリジナル盤のE式ジャケットが採用され、『1st』の“ターコイズ・ロゴ”盤に関しては一回り小さかったオリジナル・ジャケットのサイズとともに、ビニール・コーティングの光沢の美しさを手にとることができるわけだ。
 レーベル面の色、帯も“グラムフォンの初回帯”の再現はもちろん、それぞれのアルバムに施されていた特殊加工もしっかり再現されるそうだから、今度こそ、最高の紙ジャケット仕様と期待してもいいだろう。

 『III』の穴の数や『フィジカル・グラフィティ』の細い窓枠のくり抜きなど、一般から見たらどうでもいいようなことかもしれないけれど、ミニチュアを制作しようとするのなら、どこまでもオリジナルに近づけて欲しいのは当たり前のこと。

 さらに『イン・スルー・ジ・アウト・ドア』の6種類のジャケットも再現され、限定ボックスのみの特典として、別ジャケット5種+『レッド・ツェッペリン1st』のオレンジ・インク・ジャケットの計6枚(ジャケットのみ)が封入される。

 5000セット限定の28000円…………
 嗚呼、今月から節制して間に合うかしら………。

 先日友人に「ジャケだけ集めるようなコレクションは辞めたよ」なんて云ったばかりなのになぁ。

 ☆Warner 紙ジャケ・サイトはこちら☆
 

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://teaforone.blog4.fc2.com/tb.php/432-a3edb99f