TEA FOR ONE

まぁお茶でも飲みながら気ままに、好きなことを、すこ~しネタバレしながら、のんびりと………。

ホトケの New Album!



スプーンフル/ブルーズ・ザ・ブッチャー

 永井“ホトケ”隆×浅野祥之×沼澤尚によるスリーピース・ブルーズ・バンド“ザ・ブルースパワー”が1stアルバムをリリースしたのが1年前。しかし、発売日の4月にギターの浅野祥之氏が48歳の若さで他界するという非運を背負ってしまった。
 この“ブルーズ・ザ・ブッチャー ”は、亡き浅野祥之氏の意志を受け継いだホトケと沼澤尚が、ハーピストのKOTEZとベースの中條卓を加え結成したスーパー・ブルーズ・バンドで、2007年6月からライヴハウス活動を続けていて、ついに、結成1周年を迎え完成させた1stアルバムがこれだ。

 正式グループ名の“blues.the-butcher-590213”とは、1959年2月13日生まれの浅野“ブッチャー”祥之を刻み込んだ名称だ。
 それだけに、このグループの演奏するブルーズは、これまでにないほどに魂のほとばしりを感じる。

    ☆
blues.the-butcher-590213  SPOONFUL

01. So Many Roads , So Many Trains
02. Mary Had A Little Lamb
03. Spoonful
04. Sittin' On Top Of The World
05. Killing Floor
06. Found Love
07. Help Me
08. I Want To Be Loved
09. Slippin'&Slidin'
10. Mystery Train
11. Ramblin' On My Mind
~bonus track~
12. I'm Still In Love With You(by The Blues Power)


 ブッチャー氏が愛したエヴァーグリーンなブルーズの数々……。

 オーティス・ラッシュ、ハウリン・ウルフ、バディ・ガイ、ソニー・ボーイらのBLUESの王道でもあるお馴染みの名曲ばかりだ。

 3月に名古屋・今池“TOKUZO”で見たライヴを思い出させるゴキゲンな演奏は、スタジオで一発録りされたような、ライヴ感覚あふれる剥き出しのブルーズとしてパッキングされている。

 ボーナス・トラックは、“ザ・ブルースパワー”のアルバム未収録曲で、浅野“ブッチャー”祥之と永井“ホトケ”隆ふたりだけの逸品である。


スポンサーサイト

Comment

レイラ says... "No title"
えっ?

結局買ったの?アルバム

“TOKUZO”のライブもよかったけど
アルバムもよさげだね!
2008.06.21 23:32 | URL | #MsivV4Ug [edit]
mickmac says... "………"
>結局買ったの?アルバム

あぁ、はい、見つけたら買わずにはいられないっスよ。
キヨシローの最新2枚組ライヴCDと迷ったんだけどね……。

このアルバム、音を出した途端に、周りの空気が変わる。
2008.06.21 23:53 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://teaforone.blog4.fc2.com/tb.php/430-c48518a0