TEA FOR ONE

まぁお茶でも飲みながら気ままに、好きなことを、すこ~しネタバレしながら、のんびりと………。

相棒ー劇場版ーを観て、あれこれ

 昨晩のレイトショーで『相棒ー劇場版ー』観てきた。

 始まったばかりの作品なので、☆評価とレヴューを書くのは控えておく。

 ネタばれなどモチロンしないが、これから観ようとしている人は、ここからは読まない方がいいかも。






 
 つまらない映画ではない。映画は十分に面白い。
 チェス対決や推理仕立ての前半から、映画でしか叶えられないようなモブシーンを挟んで、最後は政治の闇に鋭く突っ込んでいくストーリー。
 映画の醍醐味であるスケールの大きさは、確かにTVに比べて豪華であったし、レギュラー出演者の出番にもある程度満足いくものではあった。
 が、これがどれも、何か、中途半端な感じを受けるのは何故だろう。

 TVドラマSPでは、『双頭の悪魔~3部作』『汚れある悪戯』『密やかな連続殺人』『バベルの塔』『サザンカの咲く頃』『黙示録』等々……傑作が多い分だけ、映画に違う期待をし過ぎたかもしれないな。

 TV『相棒』を見たことない観客でも楽しめるように、説明台詞が多いことも耳についた。仕方ないのか……?。

 ラストシーンや西村雅彦の扱いなど説明不足の箇所が多いが、多分、DVD化されたときにディレクターズ・カット版として説明されるのだろう。でも、それって完成作品として、ひとつの作品として、どうなの?って思う。

 DVDが発売されたら買いますが…………その前にも一度観た方がいいかな………。

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://teaforone.blog4.fc2.com/tb.php/415-0fb420b1