TEA FOR ONE

まぁお茶でも飲みながら気ままに、好きなことを、すこ~しネタバレしながら、のんびりと………。

「流星の絆」東野圭吾



 東野圭吾の最新刊は面白い。
 直木賞後の『赤い指』や『夜明けの街で』はイマイチ好きになれなかったのだが、これは充分に楽しめる傑作だ。

   ……………………

 ペルセウス座流星群を見るために、深夜、家を抜け出した幼い3人の兄妹。
 生憎雨が降り出し、流星群を見ることが叶わず家路に着いたところに待ち受けていたのは、殺害された両親の姿だった。
 そして、次男の泰輔は逃げる犯人の顔を目撃していた………。

 頼れる親戚もなく施設で過ごした長兄の功一と泰輔と妹の静奈の3人は、14年後、生きて行くために詐欺師として生活をしていた。
 そしてある日、超Aランクのターゲットとして選んだ男の父親が、父母殺しとして泰輔が目撃した男として浮上してきた。
 3人が絶対的な犯人と確信する根拠がこの小説の肝でもある。

 詐欺行為は復讐への綿密な計画へと変貌するが、末っ子の静奈が犯人の息子に惚れてしまうことで、微妙に被害者と加害者の立場が重なりあっていく。

 子供の頃の体験から犯罪に手を染めていく主人公たちの行状は、『白夜行』のようにじっくりと描き込んだ緻密さはないけれど、この軽さも東野圭吾らしくいかにもだ。
 幾重にも張られた伏線が結実するラストまで、飽きることなく一気に読み終えることができる。

 3人の主人公たちも、容疑者の父とその息子も、事件を忘れ去ることができない老練な刑事と若い刑事のふたりにも、それぞれの生き方に人間らしさを見つかることができる。凄惨な事件の結末は哀しいけれど、3人が出した結論に救われ、悪くない。
 そのラストの甘さが、東野圭吾らしさということだ。

    ◇

流星の絆/東野圭吾
【講談社】
定価 1,700円(税別)

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://teaforone.blog4.fc2.com/tb.php/410-71c36f5f