TEA FOR ONE

まぁお茶でも飲みながら気ままに、好きなことを、すこ~しネタバレしながら、のんびりと………。

「傷だらけの天使リターンズ」

 

「傷だらけの天使リターンズ」とは何ぞや、とお思いの方もおられよう。

 先月末に、小説現代の特別編集本として『不良読本』なるものが発刊されたのですが、その巻頭読み物として、矢作俊彦氏が書き下ろした小説が『傷だらけの天使リターンズ/魔都に天使のハンマーを』なのです。

 おお、第一回発刊の表紙はショーケンです。
 表紙だけですが(笑)。

 “あの伝説のテレビドラマ最終回から33年。東京郊外のベッドタウンでホームレスとなっていた小暮修は、殺人事件に巻き込まれ、33年ぶりに魔都・新宿に舞い戻る!”

 『傷だらけの天使リターンズ/魔都に天使のハンマーを』は、まだ全部を読み終えていないので詳しく紹介はできないけれど、読んでるさきに頭のなかには映像が浮かんでくるし、今のショーケンと重なるところがあったりして泣けたりするのですよ。
 ほんとうに、もぅ~、困りもの…………

 ぼくらの世代にはニヤリとする小ネタが散らばっていたり、今週から始まった夏川結衣とマチャアキのドラマ『無理な恋愛』の自虐的末路にも通じるようなネタまでも………。
 そう云えば、マチャアキの役をショーケンが演じれば、という発言をちらほら見かけますが…………。

 「ホームレスじゃねぇ! 宿無しといってくれ」

 おお、修ちゃん節。

 さてここに、見事『傷天』ワールドが復活。
 必読です。

 ところで本編は、「不良読本」全578頁中半分以上のページを費やした原稿用紙で600枚の大作です。
ならば、単行本で出して欲しかったなぁ。

    ◇

不良読本vol.1
【講談社】
定価 1,200円(税別)

スポンサーサイト

Comment

showken-fun says... "こんにちは、ショーケンのファンです。"
『無理な恋愛』ショーケンで・・・とブログに書きましたっ(笑)。ゴメンナサイ。
野獣なショーケンとおなじぐらい、わたしにとっては優しいショーケンは魅力的なもので・・・。

『リターンズ』のあの、「傷天世界」と、「ショーケン(オサムちゃん)復活を待ち焦がれる我々の世界」をリンクさせてしまう手法には恐れ入りました。
要するに、ファンをアテこんで描かれている部分が多いので、なかなか客観的に読めませんでした。『傷天』を知らない人がどう読むのかを知りたいです。
2008.04.12 07:14 | URL | #jYykhXdY [edit]
mickmac says... ""
>『無理な恋愛』ショーケンで・・・とブログに書きましたっ(笑)。ゴメンナサイ。

いえいえ、決してshouken-funさんのことを云ったのではないです(笑)。
2~3のブログで同じような発言を観かけたのです。同じように考えている人がいるのだなぁ、って感心して………(イヤミっぽいですか? そんなつもりじゃありませんから……笑)

“優しいショーケン”はぼくも好きです。エンクミや深キョンの父親役、いいですよね!

『リターンズ』の世界観は、もちろん当時のファンへ向けての作為ある構成ですから、これはこうして楽しむもので、『傷天』知らない人を置いてけぼりでもイイのです!(笑)
単行本でなく『不良読本』への掲載なんですもん。

ところで、シャークショは松山ケンイチくんを思い浮かべて読んでますが、いいと思いません?
澪は…………栗山千明かな……………
2008.04.13 00:27 | URL | #- [edit]
showken-fun says... "またきました"
おーっいいですねえ、ケンイチくん!
二人の共演が見たいと思っているわたしです。
澪は、栗山さんいいですけど、もうちょっと若い・・・?(笑)

困ったのは、綾部さん・・・
ついつい、「もう、見れないのね」と思ってしまいました。
2008.04.13 02:10 | URL | #YMZiwCFY [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://teaforone.blog4.fc2.com/tb.php/408-d1bdaae4