TEA FOR ONE

まぁお茶でも飲みながら気ままに、好きなことを、すこ~しネタバレしながら、のんびりと………。

「天使のはらわた 赤い閃光」*石井隆監督作品



監督:石井隆
脚本:石井隆
音楽:安川午朗
出演:川上麻衣子、根津甚八、速水典子、鶴見辰吾

☆☆☆ 1994年/アルゴ・ピクチャーズ/87分

    ◇

 過去の忌まわしい事件のために、男性恐怖症に陥ってしまった雑誌社の女性編集者兼カメラマンの名美(川上麻衣子)は、馴染みのバーのママちひろ(速水典子)と愛し合ったりすることで、男性への想いを紛らわせている。
 そんなある日、ちひろのバーで酔い潰れてしまった名美が、ふと目覚めると裸でラブホテルの回転ベッドに横たわっていた。
 傍らにはハンディカメラと、店の常連客だった須川の残殺死体。とっさにビデオテープを抜き取り、部屋を後にした名美が帰宅してテープを再生してみると、そこに映し出されたのは見知らぬ女と須川の痴態、そして自分自身の姿だった。
 名美はあの晩、アドレス帳を落としたことと、ちひろの店に仕事で一緒になったフリーライターの村木(根津甚八)がいたことを思い出す。
 記憶の彼方に立つ名美…………果たして、男を殺したのはだれ?

    ◇

 1978年に日活で始まった石井隆原作の映画《天使のはらわた“土屋名美と村木哲郎の物語”》シリーズの第6作目は、Vシネ用に撮影された1本で、90年代までの“名美たち”の最後を飾ったエロティック・サスペンス。
 2週間ほどでこの作品の撮影を終えたあと、1~2日後にまったく同じスタッフで『夜がまた来る』が撮影された。
 
 余貴美子の儚気な名美(『ヌードの夜』)と夏川結衣の決然とした名美(『夜がまた来る』)の間に挟まれた形で、川上麻衣子の名美は血まみれのミューズとなり悪夢の中を彷徨いつづける。

 作品としては、石井隆がこれまで綿々と描き綴ってきた“男の献身と女の再生”の描き方が不明瞭だったりするのだが、決してその出来栄が悪いわけではなく、サイコ・サスペンスとして、村木への愛の渇望のあまり狂気に走った名美(余貴美子)が登場する『ちぎれた愛の殺人』('93 監督:池田敏春、脚本:石井隆)から、2000年のホラー・サスペンスの傑作『フリーズ・ミー』のちひろへと繋がる作品とみていいだろう。

 ドキッとするような唇のアップで始まり、カメラがゆっくり引かれていくと幼い顔だちの川上麻衣子が大写しとなり、ひとり暮らしのOLの日常の朝の風景が映されるタイトルバック。
 そして物語は、名美のリビングからちひろのバー、ちひろのベッドからラブホテルのベッドへと、外の喧噪を遮断した室内でくり返される。一歩外へ出るのは、土砂降りの雨をBGMにした名美の忌わしい悪夢。殺戮は、ビデオカメラのテープの中からテレビ画面の中へ移動する。毎度のことながら、石井隆のダークな世界が充満している。

 俳優津田寛治が絶賛するところの“石井ブラック”が見られるクライマックスは、パーティションの闇を抜け非常出口の階段から外へ飛び出す先にも、やはり底なしの闇しかない。

 宙を舞い、落下したちひろの身体をローアングルで撮らえ、同時に階段を降りる名美の姿を収めるワンシーン・ワンカットに、石井ファンとしては狂喜するしかないであろう。
 安川午朗の創り出す旋律は、ちひろの魂が名美に同化するララバイとなり、名美の悪夢は醒めることなく永遠につづくことになる。

 ちひろ役の速水典子がとてもいい。
 『ラブホテル』('85)の名美役以降、『死んでもいい』(’92)『ヌードの夜』('93)『夜がまた来る』('94)『GONIN2』('96)『黒の天使 vol.1』('98)『黒の天使 vol.2』('99)と、しっかり石井組の脇を担っている彼女が、この作品ではキイパーソンになる。
 また、このちひろ名は、以後『GONIN2』の喜多島舞、『フリーズ・ミー』の井上晴美へと受け継がれてゆく。

スポンサーサイト

Comment

tohjiro says... ""
先日観直して結局分からないのですが、まあ、分からないところが面白いのですけどw、えーと、あのアドレス帳は村木が拾って返しそびれていた、という解釈と、ちひろが忍び込んで机に入れたという(かなり無理矢理な)解釈が成り立ちますけれど、mickmacさんはどちらと読み取られますか?ww

そう演出しているせいもありますが、ここの村木ってアヤフヤですよねww
2008.01.30 22:09 | URL | #- [edit]
mickmac says... ""
>ここの村木ってアヤフヤですよねww

そう、そう、そうなんですよね。なんかムチャクチャです(笑)。
いや、たしかにこの作品はツッコミどころが多いです。

アドレス帳の件は、泥酔の名美は確かにバッグの中にアドレス帳を入れていますが、あの後、村木が落ちてるアドレス帳を拾ったんでしょ。あとあとの演出上、村木が拾った箇所を監督がカットしたと考えています。そう考えないと精神衛生上身体に悪いです(笑)。

名美の言動の移り変わりがあんなにも激しいのですから、妄想に捕われた名美が、何をやっても不思議ではないです……実際、あの鈴の音も本当にビデオから聞こえたのかどうかも怪しいですよ。
2008.01.31 01:01 | URL | #- [edit]
mickmac says... ""
真面目に考えてみますと(笑)
名美の幻想……幻影ってことも、云えなくはないですね。

名美の言動の移り変わりを考えてみれば、無くしたはずのアドレス帳を浮かべることで、妄想に捕われてゆくのは自然な流れ………

村木が、訝し気に開けっ放しの引き出しを見るのにも説明がつけられます。
いかがですか?
2008.01.31 14:28 | URL | #- [edit]
tohjiro says... ""
げえッ!! それはまた凄い解釈ですが、それが咽喉に詰まらず、すんなり胃の腑にオサマルところが石井作品の怖いところです!スクリーンに投影なっていることが事実とは限らない、投影なっていなければ空虚な空間とは限らない。石井作品の『赤い閃光』以前と以降を踏まえて想い返せば、確かにそんな読み取りも(不自然なんだけれど)自然ですねw うわあ…

こういう波紋を贈ってくれるから、mickmacさん、好きですよ!
2008.02.02 00:51 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://teaforone.blog4.fc2.com/tb.php/379-d665dadd