TEA FOR ONE

まぁお茶でも飲みながら気ままに、好きなことを、すこ~しネタバレしながら、のんびりと………。

マニアの愉しみ

width="300"

 今週は、グッと熱いゼョ。

 小春日和の今日はレッド・ツェッペリンのライヴ三昧。
 彼らの公式ライヴとして映画『狂熱のライヴ』とサントラ盤の『永遠の詩』。映画版DVDはリマスターされた映像と5.1chドルビーサウンドのド迫力で、CDは『永遠の詩(狂熱のライヴ)~最強盤』としてオリジナル盤未収録の6曲を加えての再登場です。
 これまでに数多くのブートレグで73年のライヴ演奏を聴いていても、たとえ編集された音とはいえ、公式に4人の奇跡的なステージを見聞きできるのだから、まったくもってこの上ない幸せ。

 昨日は、仕事場で昭和カルト歌謡三昧でした。
 先の Hotwax 歌謡★で紹介した、津々井まり『愛すれど心さびしく』、 南陽子『噂の天使』青江三奈『女の警察~ムーヴィートラックス』 の3枚。
 どれも極上の逸品です。
  津々井まりは、こうしてコンプリートでCD発売されることが奇跡。それほど待ち焦がれた歌い手なのです。
 南陽子は「スター誕生」の第4回グランドチャンピオンで、夏木まり、安西マリア、山本リンダらと同じアクション歌謡路線を目指した歌手ですが、スタ誕出身としては20歳過ぎの
シンガーとして歌唱力もあったのに売れませんでしたね。阿久悠・小林亜星コンビの楽曲は、カルトと呼ぶにふさわしい傑作です。
 青江三奈は、そりゃあもう貴重音源ばかりの正真正銘の発掘もの。


 さて、昨日今日と心熱くなるものばかり見聞きしてきたので、明日はエロスといきましょうか。
 『人が人を愛することのどうしようもなさ』のDVDは、特典満載の狂乱モノで、生写真まで付いてるんです(笑)。
 石井隆映画のreview として 「人が人を愛することのどうしようもなさ」  ★彷徨う名美ふたたび★を書いてきましたが、このDVDのコメンタリーやカットされた映像を観て新たに迷宮の道を歩むような予感………これこそ、石井作品の快感! そこに悦びを覚えている次第です。

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://teaforone.blog4.fc2.com/tb.php/372-4021aa32