TEA FOR ONE

まぁお茶でも飲みながら気ままに、好きなことを、すこ~しネタバレしながら、のんびりと………。

回想:ロック・アルバム・ベスト20

【私の60~70年代のロック・アルバム・ベスト20】

01 LED ZEPPELIN  『LED ZEPPELIN』
02 ROLLING STONES 『Beggars Banquet』
03 ALLMAN BROTHERS BAND 『At Fillmore East』
04 BIG BROTHER & THE HOLDING COMPANY 『Cheap Thrils』
05 M. BLOOMFIELD/A.KOOPER/S.STILLS 『Super Session』
06 TEN YEARS AFTER 『Undead』
07 MOUNTAIN 『Nantucket Sleighride』
08 CHICKEN SHACK 『O.K Ken?』
09 SAVOY BROWN 『Raw Sienna』
10 JOHN MAYALL & THE BLUESBREAKERS 『A Hard Rord』
11 JEFFERSON AIRPLANE 『Bless Its Pointed Little Head』
12 JANIS JOPLIN 『I Got Dem Ol' Kozmic Blues Again, Mama!』
13 BUTTERFIELD BLUES BAND 『East-West』
14 FREE 『Tons Of Sobs』
15 DEEP PURPLE 『Live In Japan』
16 KING CRIMSON 『In The Court Of The Crimson King』
17 BAND OF GYPSYS 『Live At The Fillmore East』
18 FLEETWOOD MAC 『The Pious Bird Of Good Omen』
19 BRUCE SPRINGSTEEN 『Born To Run』
20 BEATLES 『Rubber Soul』


    ◇

 先にも述べたが、この20枚の選出は思い入れの多さだけなので、歴史的名盤とかアーティストの最高傑作なんてものは関係のないところ。
 BLUES ROCK が主流なのも、当時はこのジャンルしかほとんど聴いていないようなところがあるからだ。それと、どうしてもギタリスト中心になっている。

 BEATLESは『Rubber Soul』だ。初めて自分の小遣いで買ったのは『リボルバー』なのだが、『Rubber Soul』を聴く回数の方が断然多かったし、空で口ずさんでいたのもこのアルバムの楽曲だった。
 SAVOY BROWNは、『ブルーマター』のB面ライヴもお気に入りだったが、キム・シモンズのジャジーなギターが聴ける『Raw Sienna』が最高である。

 1969年のイヴに開局した地元のFM局「エフエム愛知」が試験放送をしていた時に、これも前年に設立されたCBSソニーレコード社のロック・ミュージックが何度も何度も流された。ぼくらは、まるで洗脳されるかのように新しい音楽を吸収していたのだ。
 「チープ・スリル」「フィルモアの奇蹟」「英古利の薔薇」「スーパーセッション」「モビーグレープ」「ジョニー・ウインター」「スピリット」「血と汗と涙」「O.K ケン?」「ナンタケット・スレイライド」等、CBSソニーのロック・アルバムを買い漁ったのがついこの間のよう……。
 
 当時は新作アルバムの国内盤が出るのが何ヶ月も後というのが当たり前だったし、かといって輸入盤が簡単に手に入るわけでもなかったから、SAVOY BROWNやTEN YEARS AFTERのレコードは、名古屋ではヤマハでしか買えなかったと思う。

 東京では四畳半のアパートにステレオはなかった。それでもレコード購入はしており、名古屋に帰ったおりにオープンリールのテープに吹き込んで持ってくるという暮らしを続けていた。当時はROCK喫茶が全盛時だったから、ステレオを持っていなくても何の不自由もなかった。コーヒーや薄い水割りだけで何時間も粘り、ROCKに溺れ沈んでいた。
 頻繁に通った高円寺の南口にあった『きいぼーど』には、ALLMAN BROTHERS BANDの『At Fillmore East』を持ち込み聴いていた。レコードはそのまま置きっぱなしで。

 さて、こうしたMy Bestのアルバムは現在、未発表曲やアウトテイクを含んで簡単にCDで聴くことができる。それはそれで嬉しいが、レコード・ジャケットからレコード盤を取り出し、レコード針から音楽が流れてくる一連の作業から、こんな回想をしてしまう自分はとてもセンチメンタルだろうか。

 

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://teaforone.blog4.fc2.com/tb.php/337-d33e8b8c