TEA FOR ONE

まぁお茶でも飲みながら気ままに、好きなことを、すこ~しネタバレしながら、のんびりと………。

あなたが選ぶ洋楽ロック・アルバム・ベスト20

 「あなたが選ぶ洋楽ロック・アルバム・ベスト20」なるものがレコード・コレクター誌にて催された。
 これはレコード・コレクター誌25周年記念として、60年代から80年代までを10年毎にベスト100を発表してきた企画の総集編のようなもので、一般読者によるベスト100を選ぼうというものだ。

 音楽関係者による本誌で発表された各年代のベスト100が、かなりの批判や不満を受けていたが、これはお遊びなんだから、音楽評論家だろうが、ミュージシャンだろうが、自分の趣味に片寄るのはしょうがないと思っている。

 ロック・アンド・ロールが生まれたのが1955年辺りか。ロック・ミュージックの完成形となるビートルズが登場してからもまだ半世紀も経っていない。そしてその後の、多様化し成熟するロック・ミュージックをリアルタイムで接してきた世代としては、思いっきり片寄ったかたちで選んでみたくなった。みんなそんな思いで投票をしているはず。
 以下が、今回応募したベスト20です。

【私の60~80年代のロック・アルバム・ベスト20】

01 LED ZEPPELIN  『LED ZEPPELIN』
02 ROLLING STONES 『Beggars Banquet』
03 ALLMAN BROTHERS BAND 『At Fillmore East』
04 BIG BROTHER & THE HOLDING COMPANY 『Cheap Thrils』
05 M. BLOOMFIELD/A.KOOPER/S.STILLS 『Super Session』
06 TEN YEARS AFTER 『Undead』
07 MOUNTAIN 『Nantucket Sleighride』
08 CHICKEN SHACK 『O.K Ken?』
09 SAVOY BROWN 『Raw Sienna』
10 JOHN MAYALL & THE BLUESBREAKERS 『A Hard Rord』
11 JEFFERSON AIRPLANE 『Bless Its Pointed Little Head』
12 JANIS JOPLIN 『I Got Dem Ol' Kozmic Blues Again, Mama!』
13 BUTTERFIELD BLUES BAND 『East-West』
14 FREE 『Tons Of Sobs』
15 DEEP PURPLE 『Live In Japan』
16 KING CRIMSON 『In The Court Of The Crimson King』
17 BAND OF GYPSYS 『Live At The Fillmore East』
18 FLEETWOOD MAC 『The Pious Bird Of Good Omen』
19 BRUCE SPRINGSTEEN 『Born To Run』
20 BEATLES 『Rubber Soul』


    ◇

 1アーティスト1枚のアルバムで選んだ。
 ご覧のとおりかなり捻くれているように見えるが、中学生から20代前半までに夢中で聴き倒したレコードばかりだ。選出基準を考えればこんなモンでしょ。だから80年代のロックはひとつもないよ。

 トップは断然LED ZEPPELIN。ビートルズやストーンズより衝撃を受けた1作であり、ブルーズロックの雄として、新時代への幕開けに十分な核となり脳天に突き刺さったのだ。


スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://teaforone.blog4.fc2.com/tb.php/334-88b026bd
JAY-Z/30 SOMETHING【HIP HOP】JAY-Z/30 SO
注1:実店舗でも販売している為、更新が間に合わず 売り切れている場合があります事をご了承下さい。注2:プロモ盤ジャケットの『スリ傷』『折れ』についてはクレーム対象外とさせて頂いております。注3:誠に勝手ながら、毎週月曜日がRECORD担当の休みの日となります。よって