TEA FOR ONE

まぁお茶でも飲みながら気ままに、好きなことを、すこ~しネタバレしながら、のんびりと………。

夏のレコフェス

 28日(土)から大阪第七藝術劇場にて『性と愛のフーガ 田中登の世界』が始まっています。
 リプリントされた田中監督のデビュー作「花弁のしずく」と、主演女優の中川梨絵さんのトークショーを是が非にも見たく、初日に日帰りで出かけるつもりだったのだが、急遽仕事の都合で断念。

 代わりに、夏のレコフェスに久しぶりに出かけた。今回は邦楽にだけ重点をおいて、大阪行きの交通費分くらいの散財をしようかと思っていたのだが、あまり収穫はなかったなぁ。
 ただ、中川梨絵さんの「踊りましょうよ」に3度目の遭遇をした。これまでに「踊りましょうよ」は遭遇の度に必ず購入をしており、ついこの3月にも中古屋の100円ジャンクボックスで見つけたばかり。半年の間に2度も巡り会うなんて何かの縁?やはり何としても大阪へ行くべきだったのか。
 しかし、このレコフェスで見つけた「踊りましょうよ」には超高値(3800円)が付けられていたのだ。おいおい、こりゃああんまりや。何考えているん。
 レコフェスって、普段見つけることができないようなモノに巡り合える機会があるからってつい衝動買いをしがちなのだが、必ずしもお手ごろ価格ってことではないのだ。当然、この「踊りましょうよ」は見送り。
 
 弘田三枝子の「ミコR&Bを歌う」「ミコ・イン・コンサート」や、奥村チヨの「ナイトクラブの奥村チヨ」も相変わらず高値だねぇ。
 惜しかったのが、杏真理子のLP「さだめのように川は流れる」。お手頃価格で盤は驚異のAランク表記なのに、ジャケットが酷すぎた。全面にカビシミが目立ち、中面のピンナップがボロボロでは買えないよなぁ。

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://teaforone.blog4.fc2.com/tb.php/331-74298af8