TEA FOR ONE

まぁお茶でも飲みながら気ままに、好きなことを、すこ~しネタバレしながら、のんびりと………。

70年代の東映傑作選

 5月26日(土)~6月15日(金)にかけて、東京下北沢の「シネマアートン下北沢」にて『東映70年代傑作選』と題された催しが開かれます。

[ラインナップ]
◆現代やくざ人斬り与太
◆仁義の墓場
◆暴走パニック大激突
◆じーんずぶるーす 明日なき無頼派
◆資金源強奪
◆狂った野獣
◆博徒外人部隊
◆北陸代理戦争
◆日本の仁義

 「現代やくざ人斬り与太」は、深作欣二の「仁義なき戦い」へと続く重要な作品。安藤昇のダンディズムに震え、狂犬菅原文太と狂気の渚まゆみの哀しくも儚いつながりに涙します。ラストシーンが凄い。

 「仁義の墓場」も深作欣二の代表作で、「人斬り与太」で描き切れなかった狂気が再び。今度の石川力夫は渡哲也。この渾身の作品は、何と云っても絶望的な暗さ。

 「じーんずぶるーす 明日なき無頼派」梶芽衣子&渡瀬恒彦が贈る日本版「ボニー&クライド」。

 そのほか「資金源強奪」「狂った野獣」等、エンターテインメントな狂気がスクリーンに帰ってきます。

 関東近辺にいらっしゃる方々がうらやましい。

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://teaforone.blog4.fc2.com/tb.php/314-d7c5e030