TEA FOR ONE

まぁお茶でも飲みながら気ままに、好きなことを、すこ~しネタバレしながら、のんびりと………。

カルトGSコレクション日活編2



 Hotwax @traxの『カルトGSコレクション日活編2 ~東京ア・ゴーゴー!Mid 60's in Japan 』です。

 本来、あまりGSやエレキ歌謡を聞くことが少ないのに、こう言ったコンピレーションもの、特に映画用トラックの別テイクとなれば食指が伸びてしまうのがここ数年の傾向です。

収録曲
01. 青春ア・ゴーゴー!のテーマ 
 「青春ア・ゴー・ゴー」(1966)より
02. 青春ア・ゴーゴー!/ジュディ・オング+ヤング&フレッシュ 
 「青春ア・ゴー・ゴー」(1966)より
03. 二人の銀座/山内賢・和泉雅子 
 「二人の銀座」(1967)より
04. 東京ナイト/山内賢・和泉雅子 
 「東京ナイト」(1967)より
05. セイ・ママ/ジュディ・オング 
 「青春ア・ゴー・ゴー」(1966)より
06. リトル・ロビー/ジュディ・オング 
 「青春ア・ゴー・ゴー」(1966)より
07. 北国の青い空/奥村チヨ 
 「紅の流れ星」(1967)より
08. 涙くんさよなら/ヤング&フレッシュ 
 「涙くんさよなら」(1966)より
09. 踊りたいわ/和泉雅子 
 「二人の銀座」(1967)より
10. 甘えてみたい/バニーガールズ 
 「二人の銀座」(1967)より
11. 夜といっしょに/志摩ちなみ 
 「夕陽が泣いている」(1967)より
12. 夕陽が泣いている 
 「夕陽が泣いている」(1967)より
13. 恋の苦しみ/尾藤イサオ 
 「二人の銀座」(1967)より
14. 銀のフルート/尾藤イサオ 
 「二人の銀座」(1967)より
15. バラが咲いた/ジョニー・ティロットソン 
 「涙くんさよなら」(1966)より
16. 涙くんさよなら/ジョニー・ティロットソン 
 「涙くんさよなら」(1966)より
17. 二人の銀座/ヤング&フレッシュ 
 「二人の銀座」(1967)より
18. 君をもとめて/ヴィレッジ・シンガーズ 
 「二人の銀座」(1967)より
19. 夕陽はるかに/トニーズ 
 「夕陽が泣いている」(1967)より
20. 初恋の人/ヤング&フレッシュ 
 「東京ナイト」(1967)より
21. 健のロック/山内賢 
 「東京ナイト」(1967)より
22. 東京ア・ゴーゴー!/高木たかし 
 「青春ア・ゴー・ゴー」(1966)より

 今回のこのアルバムは、「カルトGSコレクション 日活編~麻生レミ/フラワーズ」の続編で、1962年に日活の若手俳優だった山内賢や和田浩治らで結成された“ヤング&フレッシュ”というバンドが主演した映画の音を集めたものなのだが、この辺りのことはあまり詳しくないのだなぁ。
 リアルタイムは中学生で、映画を観てレコードを買ったのは「二人の銀座」くらいかな。「二人の銀座」を観に行ったのも和泉雅子がお目当てで、当時、日活の女優さんはみんな可憐なお姉さんでしたからね。
 この中でも『踊りたいわ』を歌う和泉雅子が何とも可愛いです。

 7曲目の奥村チヨの『北国の青い空』が、映画用オリジナルテープだけあってアップテンポの珍しいヴァージョンで収録されています。CD化として貴重かも。

 12曲目のインスト『夕陽が泣いている』は、ファズ・ギターとドラムの軽快な前奏から主題に流れていく恰好いいヴァージョンです。劇中では“ヤング&フレッシュ”が演奏しているらしいが、かなりの実力。“ヤング&フレッシュ”は『二人の銀座』の単独演奏も素晴らしい。
 そのヴォーカルの山内賢が熱唱する『健のロック』や、尾藤イサオの歌も恰好いいR&Bナンバーに仕上がっています。

スポンサーサイト

Comment

路傍の石 says... ""
ヤング&フレッシュがらみの日活歌謡映画は、拙は後追いですがCATV(CS番組)で好んで観てた口です。なので、これは食指をそそるコンピですね。ヤング&フレッシュは聞くところによると、決して絵作りのための急造バンドではなく、彼ら自身が好きで楽しんでそれに打ち込んでいたそうです。単なる作り物ではないリアリティが画面に出ていたところが魅力ですね!
2007.04.26 13:46 | URL | #3UG7ZRW. [edit]
mickmac says... ""
路傍の石さん  こんにちは。

日活の俳優はほとんどがテイチクと契約してレコードを出していましたから、そのバッキングやインストバンドとして“ヤング&フレッシュ”が作られたのですね。
それは、加山雄三の“ザ・ランチャーズ”より先駆けており、おりしもエレキブームが来たことと、メンバーの山内賢がスターとして芽が出始めたことから、本格的なエレキバンドとして活動したようです。
しかし、山内賢が歌手専念で日活を退社してからはバンドも低迷。何だかよくある図式です。
映画に関しては、ヤスシさんのブログで勉強しました(笑)。
2007.04.26 15:32 | URL | #- [edit]
まさたみ says... ""
初めまして。

“カルトGSコレクション日活編”を探していたらたどり着きました。
質問なのですが、この中の「二人の銀座」と「東京ナイト」はフルコーラスで入っているのかご存知でしょうか?
実は先日CS放送で映画「東京ナイト」を偶然見まして、どうしてもこの2曲の入ったCDが欲しくて探していたのです。
そこで日活青春映画の別のCDを買ったのですが、どちらの歌もオープニングバージョンらしくて歌が短かったのです。
もしこちらがフルコーラスだったら購入しようと思っているので、わかる範囲で教えていただけたらうれしいです。
2010.12.12 14:16 | URL | #0v88Hw36 [edit]
mickmac says... "Re: タイトルなし"
まさたみさん  はじめまして。

ご質問の件、判る範囲でお答えします。
まず、このHotwax*traxは劇伴集ですので、オリジナルとは違うヴァージョンが収録されているのが基本です。

「二人の銀座」は、収録はタイトルバックに流れる2番の歌詞が省かれた短縮ヴァージョン(1分37秒)です。
「東京ナイト」は、間奏も含まれたフルコーラス(2分34秒)だと思います。ただ、映画を観ていないのとシングル盤を所有していないのではっきりしたことは判らないのですが………。
参考になりましたでしょうか。

貴重音源が多く収録されている点は買いだと思いますが…………。

2010.12.13 00:43 | URL | #- [edit]
まさたみ says... ""
こんにちは。

ありがとうございます。
フルバージョンと思われるものを“YouTube”で飽きるほどに何回も見ているんですが、そこでは「二人の銀座」が3分5秒、「東京ナイト」が2分40秒で流れてます。
また別のCDで2曲とも入ったものがオークションにありましたが曲の時間は記されてませんでした。
う~ん、難しいですね。
でも諦めないで探してみたいと思います。

見つかって購入できたらまた報告したいと思います。
2010.12.13 20:54 | URL | #0v88Hw36 [edit]
まさたみ says... ""
こんにちは。

曲の時間が記されていなかったCD「和製ポップス・ベスト」(株)EMIミュージックジャパンを検索して探したところ、あるショッピングサイトに時間が出ていてフルコーラスというのがわかったので、17日・18日の東京への旅行のついでに銀座の山野楽器で買ってきました。
それからというもののさらに好きになって、2曲とも何十回と聴いています。

今回は私の疑問にお答えいただいてありがとうございました。
おかげで助かりました。

・・・「青春ア・ゴーゴー」もあったので聴きましたがなかなか面白い歌でした。
作曲が青島幸男というのが興味深いです・・・。


2010.12.19 19:49 | URL | #0v88Hw36 [edit]
mickmac says... "Re: タイトルなし"
まさたみけさん

レスが遅くなりました。わざわざのお礼のコメント、ありがとうございました。

わたしも少し調べてみたら、「二人の銀座」「東京ナイト」のCD化は2010年5月リリースの『日活青春映画主題歌集~サウンドトラック~』だったようです。
まだ最近までこれらの曲がCD化されていなかったことに驚きです。
まさたみさんが購入されたのは、この後にリリースされたアルバムのようですね。

『日活青春映画主題歌集~サウンドトラック~』には、映画ヴァージョンのモノラル音源とともに「絶唱」「夕笛」などの初CD化など全38曲の日活映画音楽が収録されていて、興味深いです。

2010.12.24 17:20 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://teaforone.blog4.fc2.com/tb.php/306-5ec27eb4