TEA FOR ONE

まぁお茶でも飲みながら気ままに、好きなことを、すこ~しネタバレしながら、のんびりと………。

なにわバタフライ



 少し前だが、三谷幸喜脚本・演出の一人芝居を観てきた。
 浪花の喜劇女優「ミヤコ蝶々」をモチーフにした女一代記を、おもろくも哀しく演じるのが三谷さんの大のお気に入り女優・戸田恵子。一人芝居の台詞の量 は膨大で、とにかく戸田さんの力量を見せつけられる芝居だ。
 一人芝居というと、加藤健一、白石加代子、渡辺美佐子、風間杜夫、市村正親と数々の名舞台があるけれど、残念ながら一度もそれらを観劇したことがな く、唯一毎回欠かさず観ているのがイッセー尾形の舞台。
 イッセーさんの一人芝居のアプローチも独特なのだが、今回、三谷版一人芝居はいろんな仕掛けが満載されている。小道具の使い方が面白く、セットの中に 置かれている数々のモノが全然別のモノとして早変わる、ある種ビックリ箱的工夫は実に楽しかった。生で演奏される音楽と効果音も、登場する人物を魅力的に見せるアイデアとして実に効果的だった。

 戸田さんが会話する“登場しない”登場人物たちとの掛け合いの妙は、戸田さんの演技力に尽きる。相手の言葉の反復作業がないことで、観客は戸 田さんと話す相手の台詞を考えながら観ることになるわけだが、その“見えない登場人物”の姿が、不思議とだんだんと見えてくる。そりゃあ魅力 的な人物像で、素晴らしい会話劇のホンに仕上がっている。
 連射砲のごとく飛び出す難しい関西弁もそれほど不自然さもなく(浪花っ子が聴いたらどう思うかは判らないが)、とにかく彼女のパワーとテンションが観る者を圧倒していく。終盤“記者”を飲みに誘う辺りからは、威勢のいいしゃべ くりやサングラスを掛けた戸田さんの姿が、野川由美子さんそっくりに見えてきて、うっかりすると誰の舞台なのか判らないほどの浪花の女になりきってい た。

 三谷コメディとは思えないようなストーリ展開も、いつの間にか三谷流の術中にはまり、後半の“はるちゃん”の登場が大いなる伏線となり最後の仕掛けに なる。果たして、“一人芝居”でしか出来ないオチである。

 さて、劇中で“ぼん”が出すナゾ掛けがある。

・兵隊さんとかけて 温泉に入ってのぼせた猿の親子ととく 
・カミナリ親父とかけて ミカンを食べ過ぎて手が黄色くなった猿の親子ととく
・花嫁とかけて アメリカ産まれの日本猿ととく

 そのこころは観客が推理するしかなさそうだ。三谷さんらしいナゾを残したまま、いつかどこかで解答が出されるのだろうか。

 三谷さんの巧みさと、戸田さんの変幻自在ぶり、そして、蝶々さんの波乱万丈な人生に敬服。

◆東京公演:パルコ劇場 2004年12月22日~2005年1月26日
◆大阪公演:シアタードラマシティ 2005年2月2日~13日

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://teaforone.blog4.fc2.com/tb.php/3-4e980dd0