TEA FOR ONE

まぁお茶でも飲みながら気ままに、好きなことを、すこ~しネタバレしながら、のんびりと………。

ジャンク・ボックスの中身

 久しぶりに中古屋巡りをして来ました。
 ここ2年近く、アナログの中古レコードには手を出していなかったのですが、ブログで昭和歌謡の話をするようになったことから、ふたたび、フツフツと中古シングルへの購買欲が芽生えてきたようなのです。

 中古レコード屋さんには、レコード棚の下などにジャンク箱というのがあります。大体が100~
300円くらいでしょうか。

 今回の買い物は、井出せつ子、八代亜紀、青江三奈、内藤やす子、中川梨絵、緑川アコ、扇ひろ子などを購入です。

 八代亜紀『ブルーレイン大阪』は200円で、映画を観てからはぜひ手に入れたかったブツ。緑川アコは70年代後期の『別れ話は女から』で300円、これはチリチリノイズが目立ったけれど、見かけないからねぇ。
 青江三奈『国際線待合室』は、ベスト盤CDを1枚持っている程度のファンだったのですが、先日某所で『国際線待合室』のB面未CD化曲『愛して恋して別れた二人』を聴いてから気になっていたものです。100円。
 中川梨絵の『踊りましょうよ』は既に持っているものですが、これも100円だったので……。と云うより、本当は大好きな梨絵さんの唯一のレコードが、何で100円なのよと憤慨気味で購入です。実は、これで3枚目です(笑)………どなたかにお譲りしても良いのですが……。

スポンサーサイト

Comment

路傍の石 says... ""
ジャンクもジャンクというだけあってアタリ、ハズレも大きいのですが、ここから意外なブツを釣り上げたときの快感は一度味わうと病みつきになりますね。

拙はこのところその恩恵は3か月に一度くらいになりましたが、でも当てているときは、やはりそれだけ足で稼いでいましたねー。

> 中川梨絵の『踊りましょうよ』は既に持っているものですが、

おおー。いいですねぇ。今度お会いできる機会がありましたらぜひトレード大会をやりましょう(拙も結構ダブりがあったりします)。
2007.03.23 02:01 | URL | #3UG7ZRW. [edit]
mickmac says... ""
何年もブート漁りに励んでいたり、ここのところの邦・洋楽の復刻CDの来襲に太刀打ちしていたりで、すっかり、このジャンク・レコ漁りの快感を忘れておりました。
高い値段の貴重盤より、安い価格のジャンクものの楽しみ方を、久々に100~300円で味わいましたよ。

今回、300円以上のものは210円OFFのセールでしたので、300円の緑川アコなどは90円で手に入れたことになります。こんなんがあるから面白い(笑)。

トレ-ドですか………機会があればよろしく、です(笑)。
2007.03.23 17:55 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://teaforone.blog4.fc2.com/tb.php/296-975f1253