TEA FOR ONE

まぁお茶でも飲みながら気ままに、好きなことを、すこ~しネタバレしながら、のんびりと………。

スリー・ナイツ・アット・ウィンターランド



 オリジナル・アルバムはたったの3枚しかリリースしていないのに、死後、数々の音源が発掘され、また、多くのミュージシャンたちに影響を与え続けているのが、ジミ・ヘンドリックス。

 ジミの数あるライヴ音源の中でも、これまで熱望されながらも叶えられずにいたものが、1968年10月10、11、12日の3日間、サンフランシスコのウィンターランドで行われた計6ステージの記録だ。
 そして遂に、そのウィンターランドの全貌がCD6枚組BOXセットの完全版(全47曲)として2月25日に登場する。
 それも、全世界で2000セットのみの限定で、そのうち日本盤はたったの500セットだという。こりゃあ、とんでもない代物だ。


    ☆

 初めてジミの音に触れたのは中学のとき。たしか、ラジオの深夜番組で聴いた『紫のけむり』だったと思う。それまで、どんな洋楽からも聴いたことのない、荒々しいボーカルとギターの音色にショックを受けたのです。

 最初に購入したのが、シングル・ヒッツを収録したベスト盤『スマッシュ・ヒッツ』だった。同じ頃、友人のW君が2枚組の『エレクトリック・レディランド』を買ったのが羨ましかったです。なにせ、いまでは見ることの出来ない、裸の女性群の写った有名ジャケットだったしね。
 W君とは、それぞれがダブらないようにレコードを買い合い(その多くが輸入盤)、お互いの家のステレオで視聴会を催すことをしていたのだが、初めて同じモノを購入したのが『バンド・オブ・ジプシーズ』だったかな。これだけは手許に置いておきたいレコードだった。

 ウィンターランドのライブを最初に聴いたのは、1982年に2枚組LPで発売されたライブ・コンピレーション・アルバム『炎のライブ(The Jimi Hendrix Concerts)』に収録されていた6曲で、特に、「Little Wing」の美しさと「Hear My Train A Comin」のスリリングな名演に心踊らされたものです。
 この2曲は、3日間のラインナップのなかでも一度しか演奏されていない貴重な音源で、1987年に全ステージの中から11曲をセレクトして発売された『ライブ・アット・ウィンターランド』や、その後、1992年に3曲追加で再発リリースされ、2005年にも『ウィンターランド・ナイト』として新たにリリースもされたアルバムにも収録されなかった。
 今回、完全版においてリマスターされた音で聴けることが、とても嬉しい。

    ☆

 ジミのライブで、お気に入りが3つある。
 1969年のロイヤル・アルバート・ホールでのステージ。1969年大晦日のフィルモア・イーストでのライブ。そして、絶頂期のジミが、リラックスしたジャムセッション風な雰囲気で乗りまくったプレイを聴かせてくれる、このウィンターランド。 
 これまで完全版ではないにしても、フィルモアもロイヤル・アルバート・ホールも大幅に曲数を増やしてリマスターされたなか、やっとウィンターランドの完全版がリリースされることは、まさに快挙。涙モノなのです。


    ◆

[曲目]

DISC 1:1st show 10th October 1968
01. intro
02. Are You Experienced
03. Voodoo Child
04. Red House
05. Foxy Lady
06. Like A Rolling Stone
07. Star Spangled Banner
08.Purple Haze

DISC 2:2nd show 10th October 1968
01. intro
02.Tax Free
03. Lover Man
04. Sunshine Of Your Love
05. Hear My Train A Comin'
06. Killing Floor
07. Hey Joe
08. Star Spangled Banner
09.Purple Haze

DISC 3:1st show 11th October 1968
01. intro
02. Are You Experienced
03. Voodoo Child
04. Red House
05. Foxy Lady
06. Star Spangled Banner
07.Purple Haze

DISC 4:2nd show 11th October 1968
01. intro
02. Tax Free
03. Spanish Castle Magic
04. Like A Rolling Stone
05. Lover Man
06. Hey Joe
07. Fire
08. Foxy Lady
09. Purple Haze

DISC 5:1st show 12th October 1968
01. intro
02. Fire
03. Lover Man
04. Like A Rolling Stone
05. Foxy Lady
06. Bass/Drums Jam
07. Tax Free
08. Hey Joe
09. Purple Haze
10. Wild Thing

DISC 6:2nd show 12th October 1968
01. intro
02. Foxy Lady
03. Manic Depression
04. Sunshine Of Your Love
05. Little Wing
06. Spanish Castle Magic
07. Red House
08. Voodoo Child
09. Star Spangled Banner
10. Purple Haze

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://teaforone.blog4.fc2.com/tb.php/287-61633ca5