TEA FOR ONE

まぁお茶でも飲みながら気ままに、好きなことを、すこ~しネタバレしながら、のんびりと………。

野良猫ロック~コンプリートDVD-BOX

 ※記事の加筆修正について
 本文に加筆をしました。
 後日、断りなく加筆修正をしたりすることもあります。ちょっとした手直しもあることに、ご了承を。〈12/11〉


    



 待望の『野良猫ロック:DVD-BOX』が発売されました。

 DVD化の話が出てきてから、ほんと~に長い間待ちました。

 70年代の始まり、新しい時代の幕開けに炸裂したクールな若者像に、すっかり虜になったフェイバリットな映画たちなのです。

 梶芽衣子の作品をリアルタイムで観たのは『<女囚701号さそり』が最初で、この『野良猫ロックシリーズ』を実際にスクリーンで見たのは公開から4年後の名画座。
 藤田敏八監督の作品は、それまでに『八月の濡れた砂』『赤い鳥逃げた?』『修羅雪姫』“ロマンポルノ”を見ており、この『野良猫ロック/ワイルド・ジャンボ』でやっと藤田監督の原点を見ることができた思いだった。
 長谷部安春監督に関しても『女囚さそり 701号怨み節』を観た方が先で、それまでは、テレビドラマ『ワイルド7』で名前を知っていた程度だったと思う。

 この映画の公開当時、平凡パンチのインタビュー記事で見た藤竜也のサングラス姿に傾倒し、その時初めてレイバンという名前を知り、それ以来、いまでもサングラスが欠かせないものになっている。当時はレイバンを簡単に手に入れられなかったし、10代の若造が粋がってするには高価なものだから、日本製の安いクラシックメタルタイプで我慢してたっけ(笑)。本物のレイバンを手に入れたのは、二十代になってからです。

 まぁ兎に角、こんな事を思いだすのがこの『野良猫ロックシリーズ』というわけで、いまは、綺麗な画像で見ることができる幸せに浸っています。

    ☆

 さてDVDですが、ファンにはたまらなく嬉しいチャプターの入れ方がしてあります。
 70年代の風俗とサウンドが魅力でもあった作品だけに、音楽シーンもマニアには必見なわけで、それにちゃんと応えたチャプターになっています。

 『女番長 野良猫ロック』の和田アキ子やモップスをはじめ、梶芽衣子、安岡力也、ゴールデンハーフ、青山ミチ、ピーターパンの歌シーンが即再生できるのです。
 もちろん、楽曲がCD化されていない太田とも子(梶芽衣子の実妹)の「恋はまっさかさま」「とおく群衆を離れて」のシーンは、既に何度も再生しています(笑)。

 特典ディスクは、長谷部監督、藤竜也、原田芳雄のインタビューで、実に貴重な話を聞くことができます。
 いやはや、ファンにはこれも必見です。

    ☆

 2007年4月6日には、“70's アウトロー・セレクション”として『反逆のメロディー』(澤田幸弘監督:原田芳雄)、『流血の抗争』(長谷部安春監督:宍戸錠)、『不良少女 魔子』(蔵原惟二監督:夏純子)の3作品がDVDで発売される予定です。

 これも待ち遠しいぞぉ。


    ☆

 長谷部監督のインタビューを見ていて、上記に記した記憶に健忘しているものがありました。

 梶芽衣子の作品を最初に観たのが『<女囚701号さそり』だと思っていたのですが、リアルタイムで観た『ハレンチ学園』の併映作として『女番長 野良猫ロック』は観ていたようです。そのあたりの記憶がなかったです。
 また、長谷部監督の作品も『さそり』以前に、劇場版『あしたのジョー』を観ていました。

スポンサーサイト

Comment

路傍の石 says... ""
拙も入手しました。
今からクレジットの支払いができるかどうか心配で仕方ないですけど(笑)。

何はともあれ、
これで太田とも子や青山ミチを何度も拝めるわけで、
ほんっと~に何もかもが素晴らしい。
これは拙にとっては70年代の音楽と風俗のパノラマワールドです。
BGM代わりに流しているだけでも楽しめます。

ところで、ジャケットがリバーシブルになっていて
裏面が宣材ポスターの絵柄の複写になってるんですね。
痒いところに手が届くアイデアもいいですねぇ。
2006.12.10 18:29 | URL | #- [edit]
mickmac says... ""
路傍の石さん こんばんは。

年末にかけて通帳から出て行くものばかりで、ぼくも窮していますよ(笑)。

>ジャケットがリバーシブルになっていて
裏面が宣材ポスターの絵柄の複写になってるんですね。
痒いところに手が届くアイデアもいいですねぇ。

書くのを忘れていました。
ケースを開けたときは驚きと喜びで、思惑通りに入れ替えてみました。一度はやってみたでしょっ?

太田とも子はやっぱりイイです! 3月のときには「恋はまっさかさま」を持参しようかな~。

「帝都熱烈音盤解放戦線」での架空対談を楽しみにしていますよ!
2006.12.10 23:52 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://teaforone.blog4.fc2.com/tb.php/270-b87624d4