TEA FOR ONE

まぁお茶でも飲みながら気ままに、好きなことを、すこ~しネタバレしながら、のんびりと………。

赤塚不二夫のまんがNo.1 ~シングルズ・スペシャル・エディション



 漫画家赤塚不二夫の漫画家業50周年を記念して、完全限定版で『まんがNo.1』が復刻された。

 アメリカのパロディ雑誌『MAD』に触発され、1972年に赤塚不二夫が私財を投げうち創刊した雑誌がこの『まんがNo.1』で、月刊誌として6冊、特別号として4冊の計10冊が刊行された。

 京王線沿線のアパートで暮らしていたころ、ぼくも何冊か購入していた。近所の小さな本屋の、大人の雑誌売り場に置いてあったのだが、なぜそんな所に置いてあったのかは、今回の長谷邦夫と奥成達の対談によって判明した。
 現在、高値で取引されている『まんがNo.1』なのだが、残念なことに二十数年前の引っ越しのときに、キネマ旬報、60年代からの「映画の友」「スクリーン」、ニュー・ミュージック・マガジン、ボーイズ・ライフやヤング・ミュージック等々…ともに売り払ってしまった。いまでは、全ての雑誌に対して痛恨の極み!

 まぁ、そんなことはどうでもよくて、この雑誌の目玉は、付録のソノシート・レコードだった。
 ただ皮肉なことに、このソノシートを付録にしたために雑誌コードが取れず、たったの6号しか刊行されなかった雑誌なのだ。

 今回はそのソノシート全6枚6曲をリマスタリングしての完全CD化であり、月刊誌6冊から厳選した採録マンガや記事252頁の超豪華な「ベスト・オブ・まんがNo.1」をブックレットとした『シングルズ・スペシャル・エディション』なのだ!

収録曲
01. おまわりさん/唄:少年A
02. DISCOVER WAR~自衛隊讃歌/唄:中山千夏 演奏:佐藤允彦トリオ
03. スケバン・ロック/唄:カミソリQ子(ナレーション:小野ヤスシ)
04. ペニスゴリラアフリカに現る/演奏:山下洋輔トリオ
05. 桜三月散歩道/唄:井上陽水(ナレーション:大野進)
06. ホイ!/唄:三上寛


 1曲目の少年Aとは三上寛。
 この放送禁止歌『おまわりさん』は、正規レコード発売の予定でプレスまで行った末に発売禁止になったのだが、去年の暮れに発売されたアルバム『補遺』に収録され、やっと日の目を見た。『おまわりさん』のB面が『ホイ!』でした。
 この2曲以外は、完全初お披露目である。

 井上陽水の『桜三月散歩道』は、同じ年に出たアルバム『氷の世界』とは別テイクで、朗読部分は大幅にロングヴァージョンであり、ナレーションは『氷の世界』の録音エンジニアの大野進が受け持っている。レアです。
 当時は、こちらの方が耳慣れていた。

 『スケバン・ロック』を唄っているカミソリQ子とは、行方不明だった青山ミチです。
 作曲つのだひろのこの唄を、今、大西ユカリで聴きたいなぁ。

 『自衛隊讃歌』は、反戦自衛官の声明文に曲をつけたブルースで、歌うは70年代にウーマン・リヴや反戦などの市民運動の急先鋒だった中山千夏。

 収録漫画と記事の方も豪華。
 藤子不二雄の映画のパロディ漫画や山上たつひこの幻の作品をはじめ、長谷邦夫のパロディ、杉浦茂、谷岡ヤスジ、日野日出志、湯村輝彦、佐伯俊男、及川正通、平岡正明ら、昭和マニアには涎が出るものばかりです。

スポンサーサイト

Comment

路傍の石 says... ""
これ欲しいんですよ。
当時の流行・風俗そのものの内容に興味があります。
赤塚不二夫なんて、
10代の拙のフェイバリット・アーティストでしたよ(笑)。

早く買わないと完売・入手不可かな?
2006.11.29 10:41 | URL | #- [edit]
mickmac says... ""
「おそ松くん」「天才バカボン」は男の子、「ひみつのアッコちゃん」は女の子と、男女を問わずに40代以上の人にとって赤塚不二夫は、手塚治虫、藤子不二雄と並んで全員フェイバリットでしょう。
amazonでならまだ入手できますよ。送料もかからないのでいいかもしれませんが、
写真の右上に映っているウナギイヌのバスタオルは、発売元のDUでしかもらえません。
数少ないようです………さあ、どちらで?
2006.11.29 19:32 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://teaforone.blog4.fc2.com/tb.php/266-f071e23d