TEA FOR ONE

まぁお茶でも飲みながら気ままに、好きなことを、すこ~しネタバレしながら、のんびりと………。

「おんなのうた」 大西ユカリと新世界



 トラックの運ちゃんの父親譲りか国道をブっ飛ばす女子高生。夢を信じて大阪へ出てきた世間知らずも、夜のディスコを遊びまわる知ったかぶり。東映映画の看板に好いた男を思いだし、それからというもの、夜の大阪でいろんな男に身をまかせ、それでも青春物語みたいな恋もあり、バリバリ働きバリバリ稼ぐ。派手な仕事のわりに苦労も多く、男に騙されながら、ときどきはグチを言ったりしながら、いつしか子持ち。それでも息子に向かって、カアちゃんはおんなとして生きてきたんやと胸を張る。こんな人生でも、泣くことはない。棄てるものがあるうちは、生きていこやないか。

 大西ユカリと新世界の新アルバムです。

 
収録曲
01. ETC
02. 夢のかけら
03. 涙のディスコナイト
04. 「県警対組織暴力」をもう一度
05. 赤いシャツ
06. アイツの話
07. 海へ行く約束 
08. 細うで奮戦記
09. ちょっとまちがえた
10. 話聞いてよ 
11. マリン・ブルー 
12. ルンバでブンブン
13. 棄てるものがあるうちはいい


 『「県警対組織暴力」をもう一度』に惹かれた。

 ♪あの頃アンタと行った
   映画がかかっている

 ♪県警対組織暴力
   菅原文太
    雨の新世界東映
     併映 総長賭博とさそり

 グッとくるではないか。


スポンサーサイト

Comment

路傍の石 says... ""
大西ユカリの新作よさそうですね。
「棄てるものがあるうちはいい」は北原ミレイのあの曲でしょうか?
それと「ルンバでブンブン」は横山剣が和田アキ子に書いた曲のカバーですね。

いいな。聴きたいな。
来月もキビしい・・・(笑)。
2006.11.24 19:36 | URL | #- [edit]
mickmac says... ""
路傍の石さん どうもです。

ぼくこそ散財しております(笑)
この「棄てるものがあるうちはいい」は、モチロン北原ミレイのアノ曲です。
アルバム2作続けて、ラスト・トラックが北原ミレイです。
次作は当然「何も死ぬことはないだろうに」でしょうね(笑)

「ルンバでブンブン」はゴッドねえちゃんに書き下ろした曲だったのですかぁ。知りませんでした。
きもっ玉カアちゃんの歌だったのがわかりました(笑)。
2006.11.25 18:53 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://teaforone.blog4.fc2.com/tb.php/263-3d1f896e