TEA FOR ONE

まぁお茶でも飲みながら気ままに、好きなことを、すこ~しネタバレしながら、のんびりと………。

Hotwax*trax  日活ロマンポルノの世界



 Hotwax*trax秘・色情めす市場/日活ロマンポルノの世界』が10月21日に発売されました。

収録曲
01. 煉獄のブルース(唄:宇崎竜童/梢ひとみ)
02. 実録おんな鑑別所  M2-1(演奏:ダウンタウン・ブギウギ・バンド)
03. The CITY(音楽:樋口康雄)
04. Photograph(音楽:樋口康雄)
05. 海は女の涙(唄:石川セリ)
06. 人妻集団暴行致死事件 M-5(音楽:石間秀樹/篠原信彦)
07. 人妻集団暴行致死事件 M-7((音楽:石間秀樹/篠原信彦) 
08. 秘・肉体調教師 M22-A1(演奏:近田春夫&ハルヲフォン)
09. バニシング・ストリート(音楽:多摩 零)
10. 壇の浦夜枕合戦記 M-EX-1(演奏:沖至、中谷襄水) 
11. 煉獄のブルース inst(演奏:ダウンタウン・ブギウギ・バンド) 
12. 人妻集団暴行致死事件 M-3(音楽:石間秀樹/篠原信彦)
13. 人妻集団暴行致死事件 M1-3(音楽:石間秀樹/篠原信彦)
14. 実録おんな鑑別所 M5-1(演奏:ダウンタウン・ブギウギ・バンド) 
15. 人妻集団暴行致死事件 M1-A(音楽:石間秀樹/篠原信彦) 
16. Dream(音楽:樋口康雄) 
17. 煉獄のブルース Ending(唄:宇崎竜童)  


 この日活ロマン・ポルノの劇伴は、先に発売されている東映ピンキー・アクション映画の劇伴より一段とロック色が濃く、『野良猫ロックシリーズ』や『無頼シリーズ』に見られたようなクールで乾いた音作りが受け継がれている。
 70年代初めは日本のロックの黎明期にもあたり、ロマン・ポルノという新しいジャンルの映画とシンクロすることも必然であり、ここに収められているアーティスト以外にもクリエイションやコスモス・ファクトリーなど、既製の楽曲も含め数々のロック・アーティストがロマン・ポルノの劇伴に携わっていた。

 ダウンタウン・ブギウギ・バンドはまだ世間に認知される前の参加と思われるが、この『煉獄のブルース』は、以後、歌謡ブルースといったジャンルを確立させるに充分な実証となっている。
 梢ひとみのザラついたヴォーカルと、宇崎竜童のコブシが絶品です。

 石間秀樹と篠原信彦の洗練されたメロディや、近田春夫のリズミックなファズギターが奏でる軽快感も心地よい。

 アルバムタイトルになっている『秘・色情めす市場』の音楽は樋口康雄。
 ドキュメンタリー・タッチのセピア調の画面に流れるエレキピアノとギター・サウンドが、都会の乾いた空気感を見事に表しており、『Dream』はオーケストラ的サウンドで雄大なスケールを感じさせます。

 中谷襄水の琵琶を絡ませる沖至のトランペットは異色。
 神代辰巳の作品なのだが、これは未見なのです。

 『バニシング・ストリート』は、「多摩 零」のペンネームで数本のロマン・ポルノに参加した玉木宏樹の作品。
 『野良猫ロック・ワイルドジャンボ』『野良猫ロック・暴走集団'71』『反逆のメロディ』など、日活ニューアクション群でビート感あふれる劇伴を創作してきたビッグネームの作家ですが、鏑木創もロマンポルノではペンネーム「月見里太一」で参加していました。

 さて、アルバム全体では一曲一曲の完成度が高く、劇伴というより作品集としての趣があります。40分足らずですが、聴き応えありということです。

スポンサーサイト

Comment

路傍の石 says... ""
これは何はなくともの思いで入手しました。
mickmacさんおっしゃるとおり、作品集として十分鑑賞に堪えうる
水準の高いコンピになっていますね。
この辺はウルトラヴァイヴ毎度ながらいい仕事してますね。
劇判の一番おいしいところだけを掬い取ってくるというのは、
想像以上に労力と時間が掛かることだと思います。

収録時間が短いのは、
現存する音源マスターが限られていたことと
さらにそのなかで優れたものだけをチョイスした結果だと解釈します。
第2弾はあるのか?
敢えて望まないほうがいいかもしれませんね(笑)。
2006.10.29 19:59 | URL | #- [edit]
mickmac says... ""
>第2弾はあるのか?

70年代、日活の映画音楽で一番活躍したロックバンドは、名古屋出身のプログレッシブ・ロックの“コスモス・ファクトリー”だと思います。
『女鹿』『肉体の門』『幻想夫人絵図』や、一般作では『不連続殺人事件』『あばよダチ公』『花の応援団』など、彼らだけで日活劇伴アルバムが作れるので、続編はぜひその辺りの発掘をして欲しいなぁと思いますね。
2006.10.30 13:00 | URL | #- [edit]
visha says... ""
「煉獄のブルース」はDTBWB「ネリカンブルース」の元になった
楽曲らしいですね。
当の「ネリカンブルース」は音源化されていないようですが、何の
映画の挿入歌だったか、どなたご存知ではないですか。
2006.10.31 02:26 | URL | #- [edit]
mickmac says... ""
>「煉獄のブルース」はDTBWB「ネリカンブルース」の元になった楽曲らしいですね。

この『煉獄のブルース』こそが、DTBWBの『ネリカンブルース』だと思います。
俗に云う『ネリカンブルース』は、練馬少年鑑別所(これを略して“ねりかん”です)の少年たちが自分勝手な歌詞で唄っていたもの。だから歌詞はあって無いようなもので、春歌と同じように、作者不明で唄い継がれている放送禁止歌(当時)ですよね。
これを、宇崎竜童がアレンジしたのでしょう。レコ倫規定でレコード化されなかった理由も分かります。

60年代には、全共闘の学生らがバリケートの中で好んでこの替え歌を唄っていたと云います。
75年、新宿で行われた伝説のステージ「歌う銀幕スター・夢の狂宴」では、藤竜也が唄っています。
映画『女番長シリーズ』では、劇中で須藤リカが口ずさんでいます。
藤圭子も唄っていますね。
2006.11.01 00:12 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://teaforone.blog4.fc2.com/tb.php/256-e2e9e05e