FC2ブログ

TEA FOR ONE

まぁお茶でも飲みながら気ままに、好きなことを、すこ~しネタバレしながら、のんびりと………。

石井隆、はじめての演出は舞台から



1980年、日劇ミュージックホール5・6月公演「セクシー・ギャルの青いためいき」の第2部で、石井隆が『名美を探して』と題した演目1幕を演出している…
この話は十数年前に初めて耳にし、当時、パンフレットを探したものだが、なかなか縁がなく、しばらく忘れた事案だったのだが、先日、石井隆ファンのツイートのお蔭でふたたび古書店サイト巡りをしてみたら、今度はあっさりと見つかった…巡り合わせの偶然に感動している…

「天使のはらわた」「横須賀ロック」など、既に〝名美〟もので名を馳せていた劇画家石井隆だが、映画を撮るのはまだまだ先のこと、まさにこれが演出家としてのデビューと言えるだろう…

70年代からの日劇MHの舞台演出は著名人が関わるようになり、寺山修司、武智鉄二、山口清一郎(日活監督)、戸川昌子、蜷川幸雄、勅使河原宏、辻村ジュサブロー、高橋伴明、篠原とおるらが名前を連ねている…
女優陣も、ひろみ麻耶、衣麻遼子、三井マリア、原悦子、高村ルミ、二條朱実など日活や東映のいわゆる裸の女優たちが華を添えている…

NichigekiMH_01.jpg

石井隆演出『名美を探して』の主演は、この年3月に公開されたにっかつロマン・ポルノ『スケバンマフィア 肉刑〈リンチ〉』で主演を務めた倉吉朝子…
題材は確実に「天使のはらわた」であり、舞台にオートバイが置かれ踊りと芝居で構成されたものだろうと想像される…

Nami-wo-Sagashite_asako.jpg


『スケバンマフィア 肉刑〈リンチ〉』は池田敏春監督のデビュー作…パンフには、池田敏春監督の倉吉朝子への寄稿文が掲載されている…
同時に、助監督時代から見知った石井隆への祝辞代わりとも言えるのだろう…

NMH_IkedaToshiharu_tx.jpg


スポンサーサイト



Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://teaforone.blog4.fc2.com/tb.php/2065-7b12f0b6