TEA FOR ONE

まぁお茶でも飲みながら気ままに、好きなことを、すこ~しネタバレしながら、のんびりと………。

探しもの見つかる

 ブログをはじめたことでコレクションのレコードやビデオや雑誌を頻繁に見るようになったのだが、結構無くなっているもの、見つからないものが多くあるので驚いています。

 ずっと、太田とも子のデビューシングル「はじめに愛があった c/w とおく群衆を離れて」が行方知れずでした。

 梶芽衣子の記事を書いたときに無くなっていることに気付いたわけで、2枚目の「恋はまっさかさま c/w ねむいのは悲しいからさ」はちゃんと梶芽衣子のシングル盤の中に一緒に収まっているというのに……
 ほかもそうだが、思いだして探したときに見つからないと、かなりショックです。

 でも、やっと再会しました。
 実弟が昔、仕事場を趣味の品々で飾っていたころがあり、そこに飾るために持出していたわけで………。
 よかった~。

ootatomoko2.jpg
 
 それでもまだまだ行方知れずのものが多い。
 梶芽衣子のシングル「袋小路三番町 c/w 残り火」も見当たらない。
 唐十郎の限定盤LP「四角いジャングルで唄う」や、岡林信康の「見るまえに跳べ」、緑魔子のシングルや安田南の「愛情砂漠」は何処に…………

 ひょんなときに戻ってくるのを楽しみにしよっ。
 

スポンサーサイト

Comment

路傍の石 says... "ぐげげっげ!釣られたっっっ(笑)。"
mickmacさん、どうもです。太田とも子の「恋はまっさかさま」を見つけるため、某店にはウォントを出してまで探してます。これまでの捜査の結果、「はじめに愛があった c/w とおく群衆を離れて」はあるんですけど、「恋はまっさかさま」は出てきません。う~む、そこまでレアなブツだったのか。。。

ところでその某店のオヤジが言ってたんですけど、60年代前後の和モノが今、リアルの中古市場で怒涛の如く買取りされているんだそうな。インターネットを知らない団塊世代からの放出がほとんど、しかも中古市場での売買自体初めてという人が多いらしく、つまりワンオーナーというわけですね。びっくりするような和ジャズなどレアなブツも多いそうです。古くから富豪が多く住む山の手界隈に中古レコ店があれば、そこは間違いなく穴場です。
2006.06.16 00:07 | URL | #3UG7ZRW. [edit]
mickmac says... ">路傍の石さん"
>『恋はまっさかさま』は出てきません。う~む、そこまでレアなブツだったのか。

リアルタイムで当たり前に所有していると、何がレアなのかが分からなくなりますが、確かに『恋はまっさかさま』は一度も見かけたことないですね。デビュー前の宇崎竜童としてのA面曲でもありますからねぇ。押さえておきたい逸品かもしれません。

しばらく猟盤活動をしていないため中古レコ店の状況は知りませんでした。コチラは東京と違いお店の数も限られていますからね~どうなんでしょうね。いいもん出てるのかなぁ。
と云いながら、いま目を付けているブツがあるのですが、値段の折り合いさえつけば即買いなんですがねぇ。それがそう簡単にいかないところが苦しいっス。
2006.06.17 00:14 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://teaforone.blog4.fc2.com/tb.php/203-6596f3c5