TEA FOR ONE

まぁお茶でも飲みながら気ままに、好きなことを、すこ~しネタバレしながら、のんびりと………。

「SGT. PEPPERS」50周年記念BOX 、届く


Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band〜50th Anniversary BOX

 高額で大型商品となるアーカイヴスものには手を出さぬようにしていた…ツェッペリンしかり、ストーンズしかり…今回は2015年年末の『ザ・リバーBOX』以来の散財といえる…
 しかし『SGT. PEPPERS』となれば、ビートルズのアルバムの中でも1~2位で好きな作品、スルーするわけにはいかない…

Sgt-Peppers_3D.jpg

 届いた梱包を開けてみてまず驚いたのが、BOX外カヴァーに貼付けてある3D写真…事前にはなにも告知されていなかったサプライズと言っていい…
 ストーンズ『SATANIC』への、洒落っ気ある嫉妬返しだ…(『SATANIC』のジャケット・デザインが『Sgt.PEPPERS』の模倣と言われていたとき、3Dのアイデアはストーンズに軍配を上げるだろ?と思っていた)

Sgt-Peppers_4cd.jpg

 4CDを収めた紙ジャケのうち、3種類がアウトテイク写真だったのも驚き…撮影現場のモノクロ写真は既に公表されていたが、カラー写真は初めて見るものだ…
 オリジナル・ジャケではレオ・ゴーシーとガンジーの写真が消されたのは有名な話で、このアウトテイク写真は、修正されていないものをそのまま蔵出し…このようなことも、半世紀を過ぎたことでの賜物だろう…

 オープンリールの体裁になっている分厚いBOXを開ければ、見開きLPジャケに4枚のCDとBlu-rayとDVDが収められ、ポスター2枚と写真集と、日本版特典の《立版古》というペーパージオラマが付録…
 しかし正直いって、こういう付属物って不要なんだよね…大きなBOXは邪魔なだけ…
 4CDだけはいつでも聴けるように取り出しておいて、BOXは仕舞い込むしかないな…

Sgt-Peppers_2.jpg

Sgt-Peppers_3.jpg

 さて、細かな音源紹介はマニアの方々にお任せして、一言だけ…
 今回の『Sgt.PEPPERS』のNew STEREO MIXは、まったくの別作品を聴いているくらいにクリアなサウンドに変身…それはそれは素晴らしすぎる…
 

 

スポンサーサイト

Comment

蟷螂の斧 says... "本当はこのショウを終えたくはないのですが・・・。"
もう50年前なんですね。
まさにロックまたは全ての音楽の金字塔と言うべきでしょう。

>3種類がアウトテイク写真だったのも驚き

もしかしてビートルズのファンにとっては初公開でしょうか?
1990年3月。僕はポールの武道館ライヴに行きました。
その数時間前に神保町の中古レコード店で買ったブートレグ「1967」のジャケットが、この3枚とはまた別テイクです。
2017.06.27 20:10 | URL | #couyEzUM [edit]
mickmac says... "Re: 本当はこのショウを終えたくはないのですが・・・。"
蟷螂の斧さん どーもです。

>もう50年前なんですね。
まさにロックまたは全ての音楽の金字塔と言うべきでしょう。

朝ドラ「ひよっこ」じゃないですが、ビートルズを原体験していると、どの作品にもそれぞれの愛着があるものですが、「リボルバー」と「サージェント」は特に思い入れがあります。
と云っても、熱心なファンではないし、ましてやコアな蒐集家にはなっていないのですよ。(ストーンズは蒐集していましたが…)
英国オリジナル盤は1枚ももっていないし、「イエローサブマリン」と「レット・イット・ビー」はほとんど聴かないし(爆)…

>もしかしてビートルズのファンにとっては初公開でしょうか?

だから普通のファンからして、ほんとに珍しい写真とみました。ビートルズはジャケットのアウトテイクは少ないと思いますが、ブートではいろいろ出回っているのでしょうね…。

>1990年3月。僕はポールの武道館ライヴに行きました。

3年前の来日公演のチケットは購入したのですが、例の風邪で公演中止の憂き目に遭いました(笑)
2017.06.28 10:14 | URL | #- [edit]
蟷螂の斧 says... "「リボルバー」"
僕が好きなアルバムです。まとまりが良いアルバムです。
気に入らない曲は飛ばそうなどと考えさせないアルバムです。
ジョン・レノンが「ゴミ箱行きの駄作」と言った「And your bird can sing」は僕に言わせれば傑作です!

>例の風邪で公演中止の憂き目

1980年の中止とは別の意味で残念ですね・・・。

>朝ドラ「ひよっこ」じゃないですが、ビートルズを原体験していると

大変羨ましいです。

話が飛びますが、余貴美子さんはビートルズがお好きなんでしょうか?
案外玄人好みの曲やアルバムが好きだったりして?
2017.06.29 20:55 | URL | #qc5OMJQc [edit]
mickmac says... "Re: 「リボルバー」"
蟷螂の斧さん どーもです。

当時「ヤングミュージック」という音楽誌を愛読しており、そこの愛読者欄【これ売りますコーナー】で日本盤LP「BEATLES!」「BEATLES’65」「BEATLES No.5」「HELP!」を親に買ってもらい、初めて自分の小遣いで買ったのが「REVOLVER」でした…
「And your bird can sing」は疾走感ある軽快なロックチューンで、ぼくも好きな1曲ですね…
>余貴美子さんはビートルズがお好きなんでしょうか?
どうなんでしょうかね…余さんのことで好きな音楽の話はあまり出てこないですが、高校時代はJAZZ喫茶に入り浸り、自由劇場時代もやはりJAZZ喫茶で仲間たちと演劇論を戦わせていたということですね…
2017.06.30 10:46 | URL | #- [edit]
蟷螂の斧 says... "「BEATLES No.5」"
玄人好みの編集アルバム(日本盤)と言われています。
実際渋くて、いいですよね!

>初めて自分の小遣いで買ったのが「REVOLVER」でした…

独り立ちですね!

>ぼくも好きな1曲ですね…

ありがとうございます!
最後の「You tell me that you heard every sound there is~」の後に
「When your prized possessions~」の部分をもう一度繰り返して、再び「You tell me that you heard every sound there is~」にして、もっと長くして欲しかった!

>自由劇場時代もやはりJAZZ喫茶で仲間たちと演劇論を戦わせていた

知的な余さんのイメージにピッタリです!
2017.07.01 17:22 | URL | #MNI.iOeQ [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://teaforone.blog4.fc2.com/tb.php/2006-4a8e8d6d