TEA FOR ONE

まぁお茶でも飲みながら気ままに、好きなことを、すこ~しネタバレしながら、のんびりと………。

石井隆の描き下ろし、Blu-rayに甦る名美

 7月4日にリリースされる「天使のはらわた」Blu-ray4作品のパッケージに描かれる石井隆描き下ろしのイラストが、Blu-ray-Boxのアウターとともに公開になった。

TH1_AkaiKyoushitsu_BD.jpg TH2_Nami_BD.jpg
TH3_AkaiInga_BD.jpg TH4_AkaiMemai_BD.jpg

 今回の『天使のはらわた』ジャケット・イラストを描くにあたって、かつて侮蔑された70年代当時の劇画タッチで再現した石井隆の熱量が半端ない…77年に連載が始まった「天使のはらわた」から、名美が確立された「おんなの街~雨のエトランゼ」までの姿が、より濃密に、より緻密に、甦っている。

 田中登監督の『名美』には、ラストシークェンスに引用された劇画【赤い教室】のラスト頁と、【雨のエトランゼ】扉の名美…
 池田敏春監督の『赤い淫画』には、劇画【闇のうめき】の打ち拉がれる名美…
 石井隆監督の『赤い眩暈』には、劇画【停滞前線】の一人ぼっちの名美…
 劇画空間は、70年代の輪郭を大きく撥ねた愛憎の息吹が吹き込まれ渦巻いている…

TenshinoHarawata_box.jpg
 『天使のはらわた』Blu-ray BOXのアウター・イラストにも感涙…
 劇画【天使のはらわた】から、名美と哲郎が場末のバー〝梢〟で5年ぶりに再会するシーンで構成されている…
 劇画のなかで流れた「上海帰りのリル」…このコマ割りは、ちあきなおみか根津甚八の歌唱を聴きながら…どう?
 
★天使のはらわた 赤い教室★
★天使のはらわた 名美★
★天使のはらわた 赤い淫画★
★上海帰りのリル~根津甚八★

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://teaforone.blog4.fc2.com/tb.php/1993-f33a8826