TEA FOR ONE

まぁお茶でも飲みながら気ままに、好きなことを、すこ~しネタバレしながら、のんびりと………。

ロマンポルノの証言、「日活1971-1988 撮影所が育んだ才能たち」



 日活ロマンポルノ誕生45周年を記念し、日活映画人による膨大な証言集が発刊された。

 現場スタッフ&キャスト総勢108名による圧倒的な量のエッセイとインタビュー、貴重な撮影風景のスチール・スナップ、完全版を謳う詳細なフィルモグラフィ(ロマンポルノ・一般作・ロッポニカ・児童映画を網羅)、一部台本の表紙写真掲載など、B5サイズ480ページに詰まった数々は貴重な資料的価値が高く、まさに読み応えも見応えも十分なものになっている。
 日頃、あまり陽の当たらない現場スタッフ(美術・録音・撮影・衣装・スクリプター・タイトルデザイナーら)のインタビューや対談の充実度にも目を惹く。

nikkatsu1971-1988_3.jpg

 1960年代後半頃から切迫した経営難を乗り切る起死回生の手段として、低予算で収益を上げる成人映画の分野に舵をきった日活が生み出した「ロマンポルノ」。
 今でこそこうして何周年記念を祝い、映画史にも残る名作・傑作が生み出された事実を知る結果となっているが、当時にしたら、当然拒否反応を示した多くのスタッフや俳優陣が日活をあとにしたわけで、日活に籍をおくキャリアの浅いスタッフらにとっては、この未知の世界へ踏み出すことで、自由な制作現場を得たことにもなったろう。
 官憲との闘いもあれば、上層部との軋轢の中での試行錯誤。葛藤しながら闘い挑みつづけ、自由な発想と表現に意気上がった映画人たちの情熱がほとばしっている一冊だ。

nikkatsu1971-1988_2.jpg

 本書に並ぶ女優は、ロマンポルノ第1号女優白川和子と小川節子をはじめ、伊佐山ひろ子、中川梨絵(2016年に亡くなる前の貴重な寄稿文)、田中真理、谷ナオミ、小川亜佐美、水原ゆう紀、風祭ゆき、志水季里子、三崎奈美、中村晃子、畑中葉子、早乙女宏美らの名前。
 
 女優のところから読みはじめ、まだ全部を読んだわけではないのだが、小川節子が述懐する文章の端々には、羞恥や後ろめたさとの葛藤が重々に感じられ、村川透監督デビュー作の『白い指の戯れ』のオファーを断ったという話などを知ると、結果的にあの作品は伊佐山ひろ子の女優開眼第一歩の記念的映画となっているとしても、小川節子がヒロインだったらまた違った傑作になっていたのかもしれないと、ファンとしては勝手な夢想を膨らませるわけで…。

 水原ゆう紀は、『天使のはらわた 赤い教室』において完全に名美が憑依したと語る。
 果たして、水原ゆう紀のラストカットの解釈はまさに〝名美が憑依〟した心情だ。
 水原ゆう紀の名美は多方面で絶賛されたが、この後、田中登監督からの『天使のはらわた 名美』のオファーは断ったという。名美という普遍の女性像でありながら、あまりに確固たる名美像の呪縛がきつかったのだろう。
 水原ゆう紀のシリーズものもあり得たのかと石井隆ファンとしては複雑な気持ちだが、以後、余貴美子以外に名美を複数回演じた女優がいないのも、ある意味同様の作用が働いているのかもしれない。

    ◇

日活1971-1988 撮影所が育んだ才能たち
【ワイズ出版】
定価 4,625円+税

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://teaforone.blog4.fc2.com/tb.php/1989-0339589d