TEA FOR ONE

まぁお茶でも飲みながら気ままに、好きなことを、すこ~しネタバレしながら、のんびりと………。

「極秘捜査」*クァク・キョンテク


THE CLASSIFIED FILE
監督:クァク・キョンテク
脚本:クァク・キョンテク、ハン・デドゥク
出演:キム・ユンソク、ユ・ヘジン、ソン・ヨンチャン

☆☆☆ 2015年/韓国/108分

    ◇

 映画の題材は1978年に実際に起こった少女誘拐事件で、四柱推命を使って誘拐された子どもを見つけた刑事と導師の33日間を描いた実録犯罪映画。


 釜山で小学生の女の子ウンジュが下校時に誘拐された。
 女の子の同級生の息子を持つコン刑事(キム・ユンソク)は、ウンジュの両親の懇願で管轄外の事件にも関わらず捜査担当になり、子どもの保護を第一に考え、所轄の刑事と合同で極秘捜査を行う。
 一方、ウンジュの母親と義妹は有名な占い師たちを尋ね歩き、ウンジュの生死を占って回るが、どれも絶望的な回答を聞くばかりだった。そんななか、最後に訪れたキム導師(ユ・ヘジン)だけが「子どもは生きている。犯人からの連絡がくる」と占う。
 胡散臭く感じていたコン刑事だが、キム導師の占い通りに15日目に犯人から連絡があり、ウンジュが生きていることを確信する。
 しかしコン刑事を気に入らない所轄の刑事らは、子どもの生死より犯人検挙に血眼になり、協力するどころか邪魔ばかりで1ヶ月を過ぎようとしていた。
 コン刑事とキム導師のふたりは、子どもの命を優先に考え行動に出る……

    ◇

 人望のない刑事と風采の上がらない導師(占い師)のコンビなんて、それこそ小説やマンガの話で盛り上がれるだろうが、これが実話だということに驚く。
 70年代の韓国においては、導師という職業に社会的地位があったのだろうが、日本人としてはこの辺りよく判らない。

 また、警察が人質安否より手柄優先だったり、賄賂を受け取るのが普通だったと、警察のいい加減な姿がよく描かれている。
 
 この作品はサスペンスというより、コン刑事と導師と誘拐された家族3組の、子どもを思う親の心情を描いた映画と見る方がいいだろう。
 いい意味で、誘拐されたこどもの安否や身代金受け渡しなど、タイムリミット的な緊張感はない。
 捜査途中でキム導師が「犯人には共犯がいる」と占うも、結果、捕まる犯人はひとりだけで、それも、動機や方法がどうもよく判らない。

 事件解決後、コン刑事とキム導師ふたりの手柄は、所轄チームと占いを外したキム導師の師匠が持っていってしまう現実。
 しかし、それを受けいれるコン刑事とキム導師の晴れやかな表情も、また現実の話ってこと。
 おまけのインサートで、半年後にまたウンジュが誘拐され、今度はコン刑事とキム導師が4日間で事件を解決したと字幕が出る。キム導師の占いどおりに共犯者がいたらしいが、現実はかくも驚くものだ。

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://teaforone.blog4.fc2.com/tb.php/1986-8c6e487b