TEA FOR ONE

まぁお茶でも飲みながら気ままに、好きなことを、すこ~しネタバレしながら、のんびりと………。

女性ロッカーの先駆者、麻生レミ「OWN LINES」


OWN LINES/REMI ASO

 名門アトランティック・レコードから1976年にリリースされた麻生レミの1stソロアルバムは、井上堯之が発足したWATERレーベルから井上堯之Water Bandの全面バックアップで発表されたもので、同時に発表された井上堯之の1stソロアルバム『Water Mind』共々、当時大きな話題になった。

 沢渡朔撮影のセクシーショットのジャケットに惹かれもするが、それよりも、60年代初頭のデビューから内田裕也との出会い、日本のロック黎明期のフラワーズを経て、単身アメリカへと旅立った潔さから身に付けた女性ロッカーの凄みがでた素晴らしい表情をしている。
 このアルバムが出た頃は、すでにカルメン・マキや金子マリらが女性ロック・シンガーとしてしのぎを削っていたときだが、彼女らに道筋を残してくれたのが麻生レミだと云うことを忘れてはいけない。

 麻生レミの歌声を生で聴いたのが、1971年7月のグランド・ファンク・レイルロードのオープニングアクトとしてステージに立ったとき。と言っても、当日券を求めて後楽園に出向くもチケットを買えず、球場の外から聴いていたのだが…。
 この時、麻生レミのバックを務めたのが、井上堯之、大野克夫、原田裕臣、山内テツらのスーパー・セッション・バンドだった(本来の彼女のバンド〈WYND〉のメンバーが入国できずにいたため)。
 2度目の渡米でふたたび日本のロックファンの前から姿を消したのもあっという間だったが、1976年、久々に彼女の名前を目にしたのが、このアルバムだった。

OWN LINES
SIDE A
01 NOTHING DOING
02 RIVER DEEP、MOUNTAIN HIGH
03 OWN LINES
04 STUCK FOR WORDS


SIDE B
01 EVERYTING I HAD
02 I’D RATHER GO BLIND
03 SAME AGAIN
04 HOW LONG WOUD I LAST


 アルバム・プロデュースは井上堯之と内田裕也。レコーディングは、井上堯之の『Water Mind』と平行して新潟県塩沢スキー場のロッジで行われた。
 全編英語詞のソリッドなロック・アルバムは、井上堯之、大野克夫、速水清司、PANTA(頭脳警察)らのオリジナル曲とカヴァー曲が2曲。
 知らずに聴かされれば日本人のアルバムとは思えない英語力と、圧倒されるソウルフルなヴォーカルは、伊達にアメリカ各地をクラブサーキットしてきたわけではない証だろう。

 カヴァー曲のアイク&ティナ・ターナーの「RIVER DEEP、MOUNTAIN HIGH」とエタ・ジェームスの「I’D RATHER GO BLIND」は、どちらもソウルフルな名曲をロックテイスト豊かに歌いあげている。
 ブルーズあり、サザンロック風味あり、ヘヴィーなブリティッシュ・ロックありと、それぞれのタイプで歌いわける麻生レミのヴォーカルは、フラワーズ時代のパワフル・ヴォーカルを評価されていたとはいえ、やはり若さゆえの単調さは歪めなかったが、本場を渡り歩いた経験と年齢によるヴォーカル技術が血肉となり、ハスキーで艶のある声で、可憐さや、力強さを変幻自在に操るソウル・フィールを漂わせている。
 それこそ、当時あげあげのカルメン・マキら後輩女性ロッカーを足元にも寄せ付けない貫録ではないだろうか。

★麻生レミ、1971年の貴重音源!★

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://teaforone.blog4.fc2.com/tb.php/1974-f3c70498