TEA FOR ONE

まぁお茶でも飲みながら気ままに、好きなことを、すこ~しネタバレしながら、のんびりと………。

「役者は下手なほうがいい」竹中直人



一生、ベテランなんて言われたくない──

野心もなかった 自信もなかった
それでもつかんだ 圧倒的人生論!!

一生、ベテランなんて言われたくない──。脚本は読まず、役づくりもせず、型にはめられることを何より嫌ってきた竹中直人。コンプレックスの塊で、自信がなかったという彼が、加山雄三への憧れ、森崎東、五社英雄ら名監督の忘れられない言葉、初監督作~最新作の現場裏話、今だから語れる出世作『秀吉』の「珍」事件といった豊富なエピソードをもとにマイナスをプラスに転換する、自らの「逆転」の生き方の核心を初めて明かす。

    ◇

 加山雄三に憧れ、ジェームズ・ボンド映画や東宝アクション映画で育った少年期からはじまる、鬼才竹中直人の映画人生が語られるのだが、特に興味を覚えたのが石井隆映画との関わりを語る数ページ…

 竹中の事務所のごみ箱に捨てられていた「ヌードの夜」と題された台本の話は有名だが、まさに、竹中が拾い上げたこの1冊から、石井隆の映画監督人生、そして一般映画「GONIN」へとつづく道が開けたと言っても過言ではないだろう…
 
 石井隆映画の裏話としては、「天使のはらわた 赤い眩暈」の現場に鈴木則文監督が現れた話は興味深く、この何年か前に、石井隆の劇画「黒の天使」を鈴木監督が映画化する企画が持ち上がり、そして頓挫したこともあり、だからこの繋がりを考えると実に面白い…
 あと相米監督のこと…

 ただしおかしな記述もある…石井隆の漫画(原文通り)を見たのが中学生の頃だったなんて記憶違いも甚だしい…少年期に廃屋や原っぱで成人雑誌を拾い読みした想い出は男の子なら誰にでもある記憶の一片だが、竹中のいう「漫画エロトピア」は1973年の創刊だし、ましてや竹中が中学生のころは、まだ、独特のタッチが確立された石井隆名義の劇画は描かれていないはず…
 きっと、「漫画アクション」とか「ヤングコミック」、劇画家なら笠間しろうなどを垣間見た記憶とすり替わっているのだろうな…
 
 まぁ、そういったことも含め、ほかにも森崎東監督の言葉や、五社英雄監督との想い出、役者の仕事と監督の仕事などてんこ盛りに詰まっている面白い読みもの…

    ◇

役者は下手なほうがいい/竹中直人
【NHK出版新書504】
定価 799円+税

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://teaforone.blog4.fc2.com/tb.php/1970-c37d780b