TEA FOR ONE

まぁお茶でも飲みながら気ままに、好きなことを、すこ~しネタバレしながら、のんびりと………。

ストーンズ MONO BOX、格納…

 ローリング・ストーンズのモノラル音源を英米オリジナル・ジャケットでセッティングした[MONO BOX]がリリースされた……

 ストーンズのオリジナル・モノラルLPで所有しているのは、たったの5枚…
 すべてUK盤『out of our heads』『Aftermath』『Their Satanic Majesties Request』『Beggar's Banquet』『Let it Bleed』なのだが、一応重要なところは押さえているつもり……
 輸入盤ではLP BOXもあり、CDにするか悩ましいところだったのだが、いかんせよ価格が高過ぎるので断念した。バラ売りを待つ事にしよう……
 購入したのは日本盤CDボックス。DVDを押しのけ、格納……

stones-mono_07.jpg

 これも輸入盤に比べればかなりの高額。7インチ紙ジャケ仕様という誘惑に負けてしまった感があるな……いかん、いかん……

stones-mono_box.jpg

 日本盤特典にはミニチュア再現された日本初回盤LP帯が封入されているのだが、これが少し困りもので、英米盤に帯をつけてみても何の感慨もない始末……

stones-mono_08.jpg

 「Beggar's Banquet」のトイレ・ジャケにこの帯はないでしょって感じだし……

stones-mono_09.jpg

  7インチ仕様にしたジャケットに対して、帯のサイズが微妙(1㎜)に小さいってのも中途半端な作りじゃないか……
 オマケで言えば、予約特典だった7インチ・クリア・ファイルもまったくの不要の産物となっている……

 文句ばかりになっているけど、紙ジャケのサイズを7インチ・サイズ(日本盤のみで輸入盤はCDサイズ)にしたのには好感を持てた。
 LPの場合、ジャケットを手に取り眺めながら聴くのもアナログならではの愉しみ方のひとつだが、ジャケットの温もりや懐かしさを感じさせるに7インチ・サイズも手頃な大きさと言えよう……

 さて、紙ジャケットの再現性についてだが、BOX広告の惹句「アブコ・レコーズが承認したジャケット・アートワークを使用」が物語るように、今回もデッカ時代のストーンズのアルバムがアブコの手にある以上、ジャケットへのレーベル復刻は至難……

stones-mono_11.jpg

 まぁ、完全再現が無理なことは十分に承知しているので、こんなものかと納得……(『Their Satanic Majesties Request』が3Dジャケにならない旨は事前に告知があったので残念感はない)
 
stones-mono_LetItBleed.jpg

 『Let it Bleed』では、カスタム・インナー・スリーヴがMONO/STEREO識別ホールで確認できるように再現されている……

 中袋からCDを取り出せば、シングル・レコードに見立てた丸型黒紙にポッチがついていてCDがセッティングされており、これはなかなか面白い趣向……

stones-mono_cd2.jpg

 CD面にDECCA、LONDONのロゴが入っているが……

DERAM_label.jpg

 他のアーティストのように「LONG PLAYING full frequency range recording」まで印字してくれると嬉しかったけどね……

 オリジナル・モノラル盤との音質比較に関しては、路傍の石さんのブログ帝都熱烈音盤解放戦線に英米盤ともに詳しいので、参照されることをお勧め……
 と人頼みに身をまかせ、週末発売の「レコード・コレクターズ11月号」の検証事項を愉しむことにしよう……

recocole_201611.jpg

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://teaforone.blog4.fc2.com/tb.php/1966-016041dc