TEA FOR ONE

まぁお茶でも飲みながら気ままに、好きなことを、すこ~しネタバレしながら、のんびりと………。

「ダ・ヴィンチ・コード」



THE DA VINCI CODE
監督:ロン・ハワード
原作:ダン・ブラウン
脚本:アキヴァ・ゴールズマン
出演:トム・ハンクス、オドレイ・トトゥ、イアン・マッケラン、ジャン・レノ、アルフレッド・モリーナ、ポール・ベタニー

☆☆  2006年/アメリカ/150分

    ◇

 テレビによるダ・ヴィンチ関連の番組や、出版社の相乗り企画など公開前から話題十分なのだが、昔から、莫大な宣伝ばかりが目につく映画には興味を抱かないヘソ曲がりの自分としては、こんなもんでしょ、と云ったところか。
 様々な神を崇める日本人にはどこまで理解できるのだろうか不思議。
 だからキリスト教の知識がほとんどないのなら、映画としてのミステリーを楽しむしかない。
 が、それも何かあっさりしすぎ。原作が長編小説のため、映画としては説明不足なのは致し方ないが、それでも、結論ありきでただストーリーを進めているだけの感があった。

 ルーヴル美術館の館長の他殺死体が発見され、大学教授のラングドン(トム・ハンクス)が捜査協力を頼まれるのだが、実は彼が一番の容疑者になっていた。フランス警察の暗号解読官のソフィ(オドレイ・トトゥ)とともに逃走し、事件に巻き込まれながら歴史を揺るがす謎に挑む、というストーリー。

 ラングドンの友人の歴史研究家の富豪リー(イアン・マッケラン)の屋敷で、三人でキリスト教に関する話をするシーンは『正統派と異端派』の歴史が興味深い。
 そして時間旅行が出来る、聖地エルサレムや十字軍の歴史的シーンの映像にも感心をする。
 ただ、このシーンでは会話がどんどん進むので、取り残されないように注意。ここをはずすと全体像が見えなくなる。ここは出来れば吹替版の方がベター。

 歴史的謎が解かれていくところはワクワクドキドキさせてくれるのだが、開巻15 分あたりの謎解きは、あまりにあっさりと謎を解きすぎる。
 そして、彼らを追うファーシュ警部(ジャン・レノ)の執拗さも不可解。途中である程度説明はされるが、その動機には釈然としないし、ラストの彼の言動もおざなりで安直に見える。
 狂信者の殺し屋シラス(ポール・ベタニー)の背景もよく分からない。だから、彼に追われる恐怖が伝わらない。

 要はストーリーを進めるのに精一杯で、サスペンスの盛り上がりが欠ける状態なのだ。
 ある人物の意外な行動は唐突すぎて何者かの説明が全然ない。先を急ぐあまり次のシーンへの繋ぎに終わるだけで、その意外性に驚いている間がない。いったい彼は誰?

 結末に繋がる意外な秘密は簡単に想像がつく。しかし、その大きな秘密が暴かれたとたん、それを支えるリアリティが全然掴めない。これでは不自然さが多すぎる。

 それでも、映画のはじめにきちんと伏線が張られているエピローグはよく出来ている。
 あのシーンには少し感動をするかも、です。

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://teaforone.blog4.fc2.com/tb.php/190-a35abedb