TEA FOR ONE

まぁお茶でも飲みながら気ままに、好きなことを、すこ~しネタバレしながら、のんびりと………。

「プロデューサーズ」



THE PRODUCERS
監督:スーザン・ストローマン
脚本:メル・ブルックス、トーマス・ミーハン
出演:ネイサン・レイン、マシュー・ブロデリック、ユマ・サーマン、ウィル・フェレル、ゲイリー・ビーチ、ロジャー・バート

☆☆☆  2005年/アメリカ/134分

    ◇

 2001年にブロードウェイ・ミュージカルとして上演され、トニー賞を12部門も受賞をした驚異の大ヒット作品が映画化された。
 主演のネイサン・レインとマシュー・ブロデリックは舞台のオリジナル・キャストで、監督のスーザン・ストローマンも舞台の演出と振付けを担当していた人間だから、この映画は正真正銘のブロードウェイ・ミュージカル映画といっていいだろう。主演以外にも、ほとんどのキャストが舞台でなんらかの役を演じた役者ばかりだから、同じように大ヒットしたミュージカル『CHICAGO』の映画化とはだいぶん違う。

 原作は1968年に作られたメル・ブルックスの初映画監督作品で、アカデミー賞のオリジナル脚本賞を獲ったコメディ映画で、ゼロ・モステルとジーン・ワイルダーが演じていた。ブロードウェイ・ミュージカル化にあたりメル・ブルックス自身がプロデュースと作詞・作曲も手掛けており、メルの才人ぶりがうかがえる

 メル・ブルックスは70~80年代にかけコメディ映画の傑作を生んできた監督でもありコメディアンで、彼の得意はパロディ。『ヤング・フランケンシュタイン('74)』では『フランケンシュタイン』を、『新・サイコ('78)』ではヒチコックを、『ヌード・ボム('80)』は『007』を、『スペースボール('87)』では『スターウォーズ』をパロディのネタにし、『サイレントムービー('76)』は映画界を、そして『プロデューサーズ('68)』でショー・ビジネス界をドタバタ喜劇として強烈に風刺している。

 落ち目のプロデューサーと小心者の会計士が、大失敗なミュージカルを作って制作費の差額を持ち逃げしようと目論む。最低の脚本、最低の演出家、最低の出演者で挑むのだが予想に反して大ヒットしてしまう。
 まずこのプロット自体が、何が当たるか判らないショー・ビジネス界を批判風刺している面白さだ。

 コメディとしての内容はかなり強烈で、少し、いや、かなり下品で笑いもベタなものばかり。冒頭のプロデューサーと会計士のやりとりなど、例えれば大阪なんば花月で吉本新喜劇を見るようなものか。ぼくの時代でいうと、花紀京と桑原和男を思い浮かべてもいい。

 そのベタな笑いは少し日本人には理解できないようで、観客はじつにおとなしい。しかし、ゲイのシーンになるととたんに笑い声が多くなってきた。これはもう爆笑の嵐になり、痛快に面白くなってくる。
 主人公ふたり以上に、この“最低の演出家”のゲイたちが怪演で魅せてくれるのだ。すごいぞ。いやいや、そればかりではなく、“最低の脚本家”のナチス信奉男の暴走ぶりも見もの。
 そして紅一点、お色気ムンムンのスウェーデン美女ウーラ役のユマ・サーマンの変身ぶりには目を見張る。

 ニューヨークやロンドンに行くと必ず1本はミュージカルを見るのだが、実はこの作品はまだ観ていなかった。2004年と2005年にNYへ行ったときにも観る機会はあったのだが、英語力の無さではとうてい面白さが理解できないだろうと思っていた。ましてやコメディとなるとストーリーを知るだけでは楽しめない。この映画の風刺とパロディは、差別の笑いと性の笑いで満ちているのだから、ニュアンスだけでも嗅ぎ取らないと面白さは半減だ。だから、主人公のマックスとレオ・ブルームのふたりがユダヤ名だと云うことは最低限知っておいた方がいい。この作品に関しては、前もってある程度の知識を入れてから見ることをお勧めする。

 映画としてのミュージカルの醍醐味もいくつかある。歌いながらアパートのセットから実際のセントラル・パークまで飛び出していく爽快感。
 同じくセントラル・パークを南下しながら、老婦人の大群が歩行器で踊るダイナミズムは映画ならではの趣だ。

 この映画を観る前の知識としてもうひとつ。
 メル・ブルックスが声の出演をしている。鳩のヒルダ黒猫のトムなのだが、ぼくには鳩はわかっても黒猫がよく分からなかった。

 そしてもうひとつ。エンド・クレジットが出ても絶対に、絶対に席を立たないように。舞台にはアンコールってものがあるのだから、クレジット・ロールが終わっても映画は終わっていないのだ。そして最後の最後に顔を見せる、故アン・バンクロフトのダンナを見逃さないように。

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://teaforone.blog4.fc2.com/tb.php/180-f5ea287b