TEA FOR ONE

まぁお茶でも飲みながら気ままに、好きなことを、すこ~しネタバレしながら、のんびりと………。

「フライトプラン」



FLIGHTPLAN
監督:ロベルト・シュヴェンケ 
脚本:ピーター・A・ダウリング、ビリー・レイ 
音楽:ジェームズ・ホーナー 
主演:ジョディ・フォスター、ピーター・サースガード、ショーン・ビーン、マーリーン・ローストン 

☆☆☆ 2005年/アメリカ/98分

    ◇

 高度一万メートルを飛ぶ大型旅客機の機内からひとりの少女が姿を消した。
 緊迫した空間のなかで必死に娘を探しまわる母親を演じるのがジョディ・フォスター。
 ミステリーテイストと、知的演技派女優の出演とあれば見ずにはおけない映画だった。

 突然の夫の死によって深い消失感を抱えた飛行機設計士カイル(ジョディ)は、ひとり娘ジュリアを伴い夫の棺と共にベルリン空港からニューヨーク行きの最新鋭のジャンボジェット機に乗り込む。軽い眠りから醒めたとき、娘が消えた……。

 娘の行方不明に気づいてからのなりふり構わない言動は母親としてすごく心強いけれど、まぁ何と他人に迷惑をかけることか。逆に、乗客は何と無関心のことか。航空法に基づき全居室の捜査を開始する機長らフライトアテンダントの態度も冷たい。そして怪しい。
 乗客や乗務員全員が怪しい素振りをしているから、逆に普通そうな人物が怪しいのかと勘ぐってしまう。

 乗客も乗務員も誰も少女を見ていないと聞かされてから、段々と表情が険しくなるジョディの迫真の演技は凄く、母親の顔として凄い形相のジョディははっきり云って恐い。
 
 前半はヒチコック並みのミステリー満載で、緊迫感もかなりのものである。
 そして告げられるひとつの事実………ここまでが中盤。

 しかしここまでは予告編で知っているのだ。予告編は見せ過ぎ。配給会社からすればこの映画は“アクション・サスペンス”のつもりなのか、前半の謎の部分を予告編でネタバレさせていたのには閉口。
 なにせ、密室の中から消えた少女の謎という最大の解決篇になる後半の出来があまりに貧弱なのだから、あとはジョディのアクションしか見るところがない。まぁそれも、ジョディの独断場として見応えはあるのだが……。

 種明かしされた一見綿密そうな計画も、映画のプロットだからのものでじつは穴だらけ。そこんところは目をつぶって、大型飛行機の中を縦横無尽に走り回るジョディのアクションだけというのでは、ジョディの存在感が際立つだけに実に残念だ。

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://teaforone.blog4.fc2.com/tb.php/152-2f74fda9