TEA FOR ONE

まぁお茶でも飲みながら気ままに、好きなことを、すこ~しネタバレしながら、のんびりと………。

けものみち 第一回

 冒頭、取り壊しの病院跡にそびえ立つ十字架を引き倒す小滝(佐藤浩市)。傍らにいる民子(米倉涼子)を魑魅魍魎の世界へ引き込む暗示的なシーンから、暗闇を疾走する車の中へとつづく序章は快調。

 脳硬塞で倒れ寝たきりの生活をする夫を抱え、料亭旅館で働きながらジュエリー・デザイナーを夢見る民子は、嫉妬深く酒びたりの夫との生活の日々の生活費を稼ぐだけで精一杯で、出口のない毎日に疲れ果てている。前半、民子が夫を焼き殺すまでのジリジリとした息苦しさが、閉息感で充満している仕事場とともによく表れていた。

 『黒革の手帖』同様に悪人の品評会の中、米倉涼子のワルぶりは鬼頭(平幹二朗)の前に出てからの開き直りとふてぶてしさで決まり。
 若村麻由美の氷のような佇まい、東ちづるの貫禄、星野真理の嫉妬深さと、女たちの憎々しい模様も息を飲むし、何と云っても平幹二朗の怪演ぶりは、眼光の奥のおどろおどろしさに加え老獪かつ滑稽な様が、さすがシェークスピア俳優。

 米倉の低い声でのナレーションと、朗々と歌い上げる中島みゆきの声が映像にピッタリ嵌まっている。

原作:松本清張
脚本:寺田敏雄
演出:松田秀知、藤田明二 
主題歌:「帰れない者たちへ」中島みゆき
出演:米倉涼子、佐藤浩市、仲村トオル、平幹二朗、若村麻由美、東ちづる、吹越満、星野真理、田丸麻紀、上原美佐

☆☆☆★ テレビ朝日系木曜日21:00~21:54(初回~22:09)

スポンサーサイト

Comment

ひろっち says... "忘却"
最近残業がありすぎて。
「白夜行」も「けものみち」も録画を忘れておりました。
嗚呼。
2006.01.18 23:32 | URL | #5Vrd59AE [edit]
シリウス says... "今日は2回目です"
初回の出だしは意味ありのシーンで、このドラマ制作側の意図・意識がこちら側にも何がしか伝わってきました。
男女俳優陣が適役ぞろいだと思います。
特に、佐伯米子(若村麻由美)がなんとなく不気味ですね。
鬼頭と元愛人関係であった彼女は、何を考えているのかわからない役柄で、この人の存在もこのドラマの鍵となる女性だと思いますね。
2006.01.19 10:02 | URL | #6cov1DqI [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://teaforone.blog4.fc2.com/tb.php/149-a1daa028