TEA FOR ONE

まぁお茶でも飲みながら気ままに、好きなことを、すこ~しネタバレしながら、のんびりと………。

「Mr. & Mrs. スミス」



Mr. & Mrs. SMITH
監督:ダグ・リーマン
脚本:サイモン・キンバーグ
出演:ブラッド・ピット、アンジェリーナ・ジョリー

☆☆☆  2005年/アメリカ/118分

    ◇

 ハリウッド製娯楽映画の中でも、スターだけで魅せてくれる映画はそうそうお目にかかれないが、まさにこの作品こそスター映画。
 エンターテインメントに楽しみたいならこの映画。理屈なくスカッとしたい人には最適な娯楽作品。

 この映画を見る前は、殺し屋同士が恋に落ちる『女と男の名誉』(キャスリーン・ターナー&ジャック・ニコルソン)と、夫婦喧嘩の大バトル『ローズ家の戦争』(キャスリーン・ターナー&マイケル・ダグラス)を足したようなストーリーではあまり関心が湧かなかったのだが、主演がアンジェリーナ・ジョリーとなれば話がちがう。
 80年代のキャシー(キャスリーン・ターナー)、90年代にかけてはキム(キム・ベイシンガー)と、タフで美人でセクシーな女優好みのぼくが、現在アンジーに心酔してしまうのも道理。これを見ずにアンジェリーナ・ジョリーが好きと云えるか。って気持ちで、入れ込んで見ましたよ。

 アンジーの、なんとカッコいいことよ。
 銃器が似合う、特にマシンガンがこれだけサマになる女優はそうはいない。敵地のド真ん中に潜入して、狙ったターゲットを仕掛人の如く仕留める姿のセクシーさと、そこから逃げる荒技までのスピーディーな流れ。その美しさにクラクラしてしまう。

 もちろん共演のブラッド・ピットの魅力もあってこそのスター映画であり、ブラピにコメディ担当を任せたのは正解。アンジーの存在を際立たせながら、彼女にたじたじになる様がシャレて見えるのだから、彼のコメディ・センスも悪くない。
 華がなければ成り立たないスター映画の見本のような本作。ストーリーにケチをつけるのは二の次にして、ふたりの華やかさを楽しめばいい。

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://teaforone.blog4.fc2.com/tb.php/133-cf4ee7bb