TEA FOR ONE

まぁお茶でも飲みながら気ままに、好きなことを、すこ~しネタバレしながら、のんびりと………。

麗しき官能の華 中川梨絵、逝く

1974_Ryoumaansatsu_bw.jpg 竜馬暗殺 1974

嗚呼、女優中川梨絵さんの突然の訃報
だれよりも 誰よりも哀しい知らせだ

6月14日 肺がんのため逝去 享年67


大きくクリッとした眼と 鼻すじの整った美人の顔立ちに 甘い声

梨絵さんを初めて観たのは1972年 
藤田敏八『エロスの誘惑』ですっかり虜になった 
つい2ヶ月ほど前に初DVD化となり 再見の悦びを噛みしめていたばかり

後追いで観た加藤彰『OL日記 牝猫の情事』 
浅川マキの「こんな風に過ぎて行くのなら」をBGMに
密室のファムファタルは空っぽのこころを滲ませた
彼女の狂態 クラクラさせられた

神代辰巳『恋人たちは濡れた』は まちがいなく70年代のミューズ
虚無に映し出された愛くるしさが 鮮烈なイメージだった

田中登『(秘)女郎責め地獄』の 台詞まわしと妖しさ
神代辰巳『女地獄森は濡れた』は 変幻自在な声色とイントネーションで魅惑の暴走
大和屋竺『愛欲の罠~朝日のようにさわやかに』でも 狂女の魅力にあふれていた
  
小さな映画館を席巻したロマンポルノのミューズは
新聞の片隅の小さな訃報記事となったけれど 輝ける青春の想い出は大きい
梨絵さんの狂気 官能の華は 永遠である


1974年以降は一般映画にも出演
黒木和雄『竜馬暗殺』では ケラケラ笑いの女郎
瀬川昌治『喜劇 女の泣きどころ』太地喜和子と堂々と張り合う可愛いストリッパー
相米慎二『ラブホテル』や森崎東『ニワトリはハダシだ』でも コミカルな味わい
いつまでも どこででも 麗しさとデカダンな美しさに満ちた梨絵さんだった

テレビでは
『必殺仕置屋稼業~一筆啓上魔性が見えた』沖雅也との美しきふたりのショット

1976年 「踊りましょうよ」を作詞作曲し
その発売記念として渋谷のジャンジャンでライヴを開催
公園通りは彼女のポスターで埋め尽くされた

nakagawarie_poster.jpg

ご冥福をお祈りします

★恋人たちは濡れた★
★女地獄 森は濡れた★
★踊りましょうよ★
★エロスの誘惑★

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://teaforone.blog4.fc2.com/tb.php/1326-e10ff9ca