TEA FOR ONE

まぁお茶でも飲みながら気ままに、好きなことを、すこ~しネタバレしながら、のんびりと………。

歌謡曲外伝【杏真理子】

 ここのところ歌謡曲三昧の日々がつづき(週末からはストーンズ・トータリー・ストリップド【Blu-ray+CD+ボーナスCD+ボーナス3Blu-ray】となる予定)、長年探し求めていた杏真理子(きょう まりこ)の4枚目のシングルを手に入れたので、不定期掲載の『歌謡曲外伝[7inchシングル]』(2年ぶり!)として杏真理子を綴ってみようと思う。

 1951年1月15日、米空軍基地がある青森県三沢市でアメリカ人の父親と日本人の母親との間に生まれた杏真理子。当時の風潮を考えると、ハーフだということでかなりの苦労を強いられたことが窺える。三沢の美容高等学校を中退して、札幌のクラブで歌っていたところをスカウトされ、1971年日本コロムビアより歌手デビュー。
 阿久悠が「札幌のクラブで歌っているデビュー前の彼女を見て、彼女の暗さと重さを嗅ぎとった」(阿久悠著「なぜか売れなかったが愛しい歌」より)と云わしめた、アダモと美空ひばりを敬愛する実力派シンガーだった。

    ◇

1971_kyomariko_sadamenoyouni_ep.jpg
LOVERS RIDE A DREAM OF DESTINY / RAINBOW AFTER TEARS
杏真理子◆ さだめのように川は流れる/涙の空に虹が出る 1971年

 1971年4月にリリースされたデビュー・シングル。
 作詞阿久悠、作曲彩木雅夫、編曲馬飼野俊一による知る人ぞ知るやさぐれ歌謡の名曲で、阿久悠が生前フェイヴァリット・ソングとして挙げていた一曲である。

 1970年、北原ミレイの「ざんげの値打ちもない」が登場し歌謡界を震撼。それに続いてリリースされた「棄てるものがあるうちはいい」「何も死ぬことはないだろうに」が、“やさぐれ3部作”と謳われる異色作なのが周知なら、この時期に阿久悠がもうひとつ自信を持って放ったのが、この「さだめのように川は流れる」だった。


 林美雄がパーソナリティを務めていた木曜深夜の「パックインミュージック」から、なんとも厭世的気分を漂わせる歌として頻繁に流れていた。
 ソウルフルで、ブルージーで、重い低音はその力量も十分に、ヴァイブレーションの効いた歌唱とインパクトあるメロディが印象的だった。
 初めて杏真理子を見たのは『夜のヒットスタジオ』だったろうか、阿久悠の詞世界を浮遊する杏真理子の存在が焼き付いた。
 
 活動としては、千葉真一主演の『やくざ刑事 俺たちに墓はない』('71)にクラブ歌手の役で出演したりしていたが、残念ながらセールスは惨敗。阿久悠は「自信を粉々に砕かれた」と述懐している。
 暗い歌ということもあるが、杏真理子のデビューと同じ日に小柳ルミ子もデビューしたのが運の付きだったか、完全に「わたしの城下町」のミリオンセラーに埋もれてしまった感があった。

 その後、阿久悠自らが「さだめ」と云う言葉を使用したことを悔いてしまうほど、過酷な人生を歩んでしまった杏真理子。
 5枚のシングルをリリースするもどれもヒットに結びつくことがなく、1973年に彼女は歌手活動を一時休止し、歌の勉強のためにアメリカへ渡ったのだが、運命は残酷。1974年、遠いロザンゼルスの地で殺人事件の被害者となった彼女は、享年23の若さで人生に幕を下ろしてしまった。

 「さだめのように川は流れる」のCD化は、これまで14枚組の大全集でしか聴くことができなかったのだが、現在では『続・人間万葉歌 阿久悠作詞集』(CD5枚BOX)に収録され、手軽に聴くことができるようになった。

    ◇

1971_kyomariko_wakearutabi_ep.jpg
WAKE ARU TABI / RAINBOW
杏真理子◆ 理由ある旅/虹 1971年

 1971年11月に出た2枚目のシングル「理由ある旅」は、平野秀典作詞、小林亜星作・編曲。
 少し地味な感じを受けるが、哀愁あるトランペットが映画音楽を想起させる逸品で、情感のこもった歌唱が遺憾なく発揮されている。
  
 B面「虹」は吉岡オサム作詞、小林亜星作・編曲。
 グルーヴ豊かに暴れまくるベースラインに乗って、ダイナミックに歌い上げる歌唱が見事で、厭世観に引きずられる女の情景が浮かぶ傑作。

    ◇

1972_kyomariko_sue_ep.jpg
SUE / GONE WITH YHE WIND
杏真理子◆ 地下鉄のスー/風とともに消えた 1972年

 1972年5月リリースの4枚目のシングルで、2016年GWのレコードフェスで念願の入手。
 作詞・作曲は両面とも、ふたたび阿久悠と彩木雅夫のコンビで、編曲は「地下鉄のスー」が小杉仁三、「風とともに消えた」が馬飼野俊一が担当。

 コロムビア・シンガーズ・フォアのコーラスを入れたR&B歌謡で、和田アキ子が歌ってもよさそうなファンキーな逸品。
 B面「風とともに消えた」のバック・トラックはジャズ…間奏のファズの効いたオルガンやホーンセクションが実にカッコいい。


 デビュー曲から、どの歌もすべて歌唱力十分な傑作ながら、なぜメジャーになれなかったのか……。

 このあと、最後となるシングル「あやまち(Chante Avec L'amour)」を9月にリリースしており、アダモが好きだったという杏真理子がシャンソンをカヴァーしたようだ。詞は千家和也。
 ちあき哲也作詞、彩木雅夫作曲のB面にも興味があり、いつか探し求めたい一枚となっている。

 9年前の夏のレコード・フェアで、杏真理子唯一のアルバム『さだめのように川は流れる』を見つけたことがあるのだが、盤はAランク表記で価格もお手軽だったのだが安価のワケがジャケットの酷さだった。見開きジャケの両全面にカビ・シミが広がり、中面のピンナップがボロボロな代物であり見送ってしまったのだが、いま思えば実に残念な買い逃しをしたものである。
 同じ時期にサンとロペの唯一のアルバムを、これはヤフオクだったが競り負けしてしまい悔しい思いをしているのであった。両アルバムとも、見つけたら即買い必須と心に決めている(笑)。

スポンサーサイト

Comment

ピーちゃん says... "中坊の頃に"
まだ中学生だった頃に、級友のマセ餓鬼が買って来た『平凡パンチ』だか『プレーボーイ』だかに、この杏真理子サンが楽屋の化粧前(ドレッサー)に座って半裸になって鏡に写る自分の姿を眺めているヌード写真を見た覚えがありました。もしかして別の歌手だったかも知れませんが、級友の雑誌は誰かが持って行ってしまったのが残念で、高校に入ってから古本屋で同誌を探したことがあります。当然、見付かりませんでしたが(汗)…!
2016.06.23 16:07 | URL | #yVcIaW5s [edit]
mickmac says... "Re: 中坊の頃に"
>ピーさん
どうもです

件の「週刊プレイボーイ」は1976年1月13日号ですね……これでお探しください…
ただしヌードになったのは、“アン真理子”さん
杏真理子さんは “きょう まりこ” と読みます
この名前でよく間違われているのですよ……
2016.06.24 12:32 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する