TEA FOR ONE

まぁお茶でも飲みながら気ままに、好きなことを、すこ~しネタバレしながら、のんびりと………。

「ダディ・クール」鎌田みゆき


DADDY COOL / MAMA ROCK'N ROLLER
鎌田みゆき◆ ダディ・クール/ママはロックンローラー 1984年

 2016年GWのレコードフェスで入手した1枚。
 1984年9月リリースの鎌田みゆきのデビュー・シングルで、ツッパリ歌謡路線のひとつだが、両面とも作詞ちあき哲也、作曲宇崎竜童の作品だというのが肝。

 ちあき哲也と宇崎竜童のコンビといえば、まだ両氏がプロになる前の1970年、太田とも子への楽曲提供で鮮烈な印象を残してくれたお二人。このコンビで作った曲は数少ないはずで、知る限りでは太田とも子の「とおく群衆を離れて」「恋はまっさかさま」「ねむいのは悲しいからさ」の3曲と、大橋恵子のデビュー曲「愛の教室」くらいしか思い浮かばないのだが……。

 追記:1973年にリリースされた、いとのり かずこのアルバム『いとのり かずこの世界』にこのコンビによる楽曲が収録されている。「わたし流れ花」と「何て孤独な朝」の2曲、どちらも演歌風な小ブシが聴かれるものの歌唱力のしっかりしたやさぐれ歌謡の佳曲。

 この鎌田みゆきのシングルは、売れっ子になってからの二人がふたたびコンビで作った作品。そう言う意味で、買わずにはおけない盤だ。
 中森明菜の不良少女路線を再現するかのようなアイドル感と、どことなく寺島まゆみ似のシャープな声で叩きつける歌唱は、ツッパリ歌謡の王道を高飛車に疾走しているかのようだ。

 鎌田みゆきは、1984年4月公開のにっかつエロス大作『夕ぐれ族』(監督曽根中生/春やすこ、松本ちえこ)に出演しており、歌手デビュー後には同じくロマンポルノの『ヴァージンなんか怖くない』(監督那須博之)で主演を務めている。この後、テレビドラマにも何本か出ていたようだ。


スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://teaforone.blog4.fc2.com/tb.php/1323-83b5b522