TEA FOR ONE

まぁお茶でも飲みながら気ままに、好きなことを、すこ~しネタバレしながら、のんびりと………。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ミオ・ミオ・ミオ」たちばな麻紀


たちばな麻紀◆ ミオ・ミオ・ミオ(忘れられない貴方)/私は一人 1984年

 「ミオ・ミオ・ミオ」は、「釜山港へ帰れ」のチョー・ヨンピルが1982年にヒットさせた韓国産歌謡曲。
 日本の多くの歌手(青江三奈、八代亜紀、北原ミレイ、小金沢昇司、美川憲一、渥美次郎ら)も歌っているこの曲を、“たちばな麻紀”名義で1984年3月にリリース。「レコード・マンスリー」にも記載されているので、これは正規にキング・レコードから発売されたものだ。
 B面「私は一人」は自主制作盤「わたしは女」のB面と同じもので、発売はこちらの方が先なのかもしれない。

 80年代になってからはテレビの時代劇「悪党狩り」とか「斬り捨て御免!」などに名前が残っている橘麻紀。その後の活動はあまり知られていないのだが、1990年にはCBSソニーから、歌謡曲まっしぐらに「麻紀の夢は夜ひらく」や「津軽海峡冬景色」「時には娼婦のように」などを収録したLP「盛り場演歌」をリリースしている。いつか見つけたい1枚である。

★「汽笛が泣いている」加納エリ子★
★「わたしは女」橘麻紀★

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://teaforone.blog4.fc2.com/tb.php/1320-60c7a925
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。