TEA FOR ONE

まぁお茶でも飲みながら気ままに、好きなことを、すこ~しネタバレしながら、のんびりと………。

「泥の河」*小栗康平

 以下作品は、映画前売券のコレクションとして記録するものです。

1981_泥の河
監督:小栗康平
原作:宮本輝
脚本:重森孝子
音楽:毛利蔵人
出演:田村高廣、藤田弓子、朝原靖貴、加賀まりこ、桜井稔、柴田真生子、芦屋雁之助、殿山泰司。蟹江敬三、初音礼子、八木昌子

☆☆☆☆ 1981年/日本/105分/BW

 初見1981年6月。
 昭和30年代はじめの大阪安治川河口付近を舞台に、河っぷちの食堂の少年と、廓舟で軀を売って生活する母を持つ姉弟との束の間の日常を描いた作品。
 戦後10年ほどの、まだまだ戦争の傷跡が残っている時代背景に、3人の子どもたちがリアルな世界を灯し、その素晴らしい演技に魅せられてしまい、出演シーンは少ないが加賀まりこの存在感にも脱帽。
 そして、あの廓舟を追いかける有名なラストシーンには、当時映画館の席から立てないほどに涙にくれた映画なのだった。
 思い起こせば、小学生低学年に似たような環境が身近にあったことで、出会いと別離に自分を投影していたのだと思う。
 何度も観たい映画ではないが、こころに突き刺さったまま身体の一部に確実に残っている作品である。

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://teaforone.blog4.fc2.com/tb.php/1310-ede04a8c