TEA FOR ONE

まぁお茶でも飲みながら気ままに、好きなことを、すこ~しネタバレしながら、のんびりと………。

「チャンス」*ハル・アシュビー

 以下作品は、映画前売券のコレクションとして記録するものです。

1981_チャンス
BEING THERE
監督:ハル・アシュビー
脚本:ジャージ・コジンスキー
撮影:キャレブ.デシャネル
音楽:ジョニー・マンデル
出演:ピーター・セラーズ、シャーリー・マクレーン、メルヴィン・ダグラス、ジャック・ウォーデン

☆☆☆☆★ 1979年/アメリカ/130分


 初見1981年3月。
 1980年に54歳で亡くなったピーター・セラーズの遺作で、ゴールデングローブ賞主演男優賞(ミュージカル/コメディ部門)を受賞した作品。

 格式のある古びた屋敷の庭師チャンス(ピーター・セラーズ)の趣味はテレビと植物。読み書きのできない彼は、主人のいいつけはきちんとしたみなりで応え、欲もなく、作為もなく、ただ純真無垢に生きてきた中年男。
 そんな彼が、主人が急逝したことで“外の世界”へ出ざるおえなくなり、そこで富豪夫人(シャーリー・マクレーン)の車と接触したことから彼女の屋敷に招かれ、チャンスの人生が大きく転がり出す……。
 ただ無知なだけのチャンスの素朴な人柄に、インテリ層の人々は含蓄ある人物と勘違いし、チャンスを勝手に祭り上げてゆく様を、風刺を交えた上品なコメディとして描いている。
 チャンスに発情するシャーリー・マクレーンがとても淫らだ。

 監督のハル・アシュビーは、1988年に59歳で亡くなっている。
 ジャック・ニコルソンのヒューマン・ドラマ『さらば冬のかもめ』('71)や、ウォーレン・ビーティの内幕風刺ドラマ『シャンプー』('75)、ジェーン・フォンダ主演でベトナム戦争後遺症をメロドラマ的に描いた『帰郷』('78)、そして、ローリング・ストーンズの優れたミュージック・ドキュメンタリー『レッツ・スペンド・ザ・ナイト・トゥゲザー』('83)など、秀作・傑作を生み出してきた大好きな監督だった。

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://teaforone.blog4.fc2.com/tb.php/1305-5dfc3790