TEA FOR ONE

まぁお茶でも飲みながら気ままに、好きなことを、すこ~しネタバレしながら、のんびりと………。

「LA SAISON D'AMOUR」アン・ルイス


LA SAISON D'AMOUR

 1982年8月リリース。結婚・出産による音楽活動休止後の復帰第1弾アルバム。
 プロデューサーに英国人ギタリストのリー・ハートを迎え、演奏もロンドンから彼のグループ〝The ROLL UPS〟らを呼び、全曲のバックを務めている。ジャケットのモノクロ写真は宇崎竜童の撮影によるもの。
 アン・ルイスにとって、ポップ・ロックなアルバムとして大成功した傑作だ。

SIDE A
01. Photograph (作詞/作曲:Lea Hart)
02. Baby Let Me Stay Tonight (作詞/作曲:Lea Hart)
03. さよならスウィートハート (作詞:下田逸郎/作曲:大沢誉志幸)
04. La Saison (作詞:三浦百恵/作曲:沢田研二)
05. Shake Down (作詞/作曲:Larry Guzy)
06. Don't Smile For Me PartⅠ (作詞:下田逸郎/作曲:竹内まりや)

SIDE B
01. Can You Light My Fire (作詞/作曲:Nicky Onidis)
02. All Mixed Up (作詞/作曲:Lea Hart)
03. A ちょっと HOT みだら (作詞:下田逸郎/作曲:桑名正博)
04. つかのまスターダスト 作詞:下田逸郎/作曲:桑名正博)
05. Double Vision (作詞/作曲:Lea Hart)
06. Don't Smile For Me PartⅡ (作詞:下田逸郎/作曲:竹内まりや)


 アンの復帰後初のシングルとして三浦百恵が歌詞を書き、沢田研二が作曲した「La Saison」が1982年6月にリリースされた。

AnnLewis_La-Saison_ep.jpg

 髪を金髪に染め、ド派手な衣装でバンドスタイルで歌うアンは、彼女が敬愛するジュリーを彷彿とさせ〝女ジュリー〟になると公言する姿に、歌謡曲ファンのみならずロックファンからも絶賛され、大ヒットを記録。
 この「La Saison」を中心にリリースした本アルバムも、記録的大成功をおさめている。

 アルバム最初の2曲はリー・ハートによるゴキゲンなポップ・チューンで、つづく「さよならスウィートハート」は下田逸郎と大沢誉志幸による日本語ポップ。
 The ROLL UPSによるアルバム・ヴァージョン「La Saison」を挟んで、ブリティッシュ・ロックの重いビートが効いた「Shake Down」はとてもクールだ。

 ダブル・ギターのユニゾンではじまる「Can You Light My Fire」は、Nicky Onidisによる1981年のポップ・ロックを、ブリティッシュ・ロックのテイストにしたアンのヴォーカルが断然カッコ良く、アルバムの中で一番好きな曲だ。
 桑名正博による軽い日本語ロック2曲につづいて、「Double Vision」も80年代ロックの体裁でタイトにキメた仕上がり。
 そして、下田逸郎と竹内まりやのバラード「Don't Smile For Me」が、アルバムのA/B面の最後を静かに締める。

 レコーディングを進めるなかで自分の音楽に対して手応えを感じたアンは、渡辺プロ内のロック&ニューミュージック系アーティスト制作セクションに移り、本格的にロック色の強い音楽で、自己プロデュースして歌うようになってゆくのも自然の流れであったろう。
 この後、Charや西慎嗣、伊藤銀次らのプロデュース、NOBODYや湯川れい子らの楽曲提供を得て、アン・ルイス独自のハード歌謡ロックを確立、女性ロッカーの地位を不動のものとするのだ。


[ANN LEWIS]
★Think! Pink!★
★PINK PUSSYCAT★
★LA SAISON D'AMOUR★
★HEAVY MOON★
★ I LOVE YOUより愛してる★

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://teaforone.blog4.fc2.com/tb.php/1302-a7b62f1f