TEA FOR ONE

まぁお茶でも飲みながら気ままに、好きなことを、すこ~しネタバレしながら、のんびりと………。

「PINK PUSSYCAT」アン・ルイス


PINK PUSSYCAT

 『Think! Pink!』につづいて新生アン・ルイスが1979年8月にリリースした『ピンク・キャット~PINK PUSSYCAT』は、当時、まだ一般には名前が知られていなかった(「RIDE ON TIME」の大ヒット前)山下達郎をプロデュースに起用したことでも有名で、裏面ジャケット・タイトルの中国語「粉紅色的小猫」下に大きく英字表記がなされている。

AnnLewis_PinkPussyCat_re.jpg

 山下達郎の音楽ブレーンとなる吉田美奈子、坂本龍一、細野晴臣、高橋幸宏、上原裕らをはじめ、松原正樹、椎名和夫、佐藤準、斉藤ノブ、桑名正博&TEAR DROPSといった豪華ミュージシャンが参加したことでも誉れ高く、アン・ルイスがアーティストとしてゆく道を定めた感もある名盤である。

SIDE A
01. Dream Boat Annie (作詞/作曲:Ann & Nancy Wilson)
02. LOVE MAGIC (作詞/作曲:吉田美奈子)
03. Just Another Night (Diane Warren)
04. ウォッカ or ラム (作詞:下田逸朗/作曲:桑名正博)
05. 太陽神~恋の女神~ (作詞:吉田美奈子/作曲:椎名和夫)

SIDE B
01. Alone in the Dark (作詞/作曲:吉田美奈子)
02. バスルーム (作詞/作曲:大野方栄)
03. シャンプー (作詞:康珍化/作曲:山下達郎)
04. Lost in Hollywood (作詞/作曲:L.Guzy, M.Boeddeker, P.Minardy)
05. アイム・ア・ロンリー・レディ (作詞:竜真知子/作曲:加瀬邦彦)
06. Dream Boat Annie[Reprise] (作詞/作曲:Ann & Nancy Wilson)

 オープニングはアン&ナンシー姉妹を中心にしたロックバンドHEARTのバラードをカヴァー。
 一転してグルーヴィーなディスコ・ファンク「LOVE MAGIC」がゴキゲンで、ソウルフルな「Alone in the Dark」とともに、吉田美奈子と達郎のアレンジの妙を楽しめる楽曲となっている。

 のちに達郎がセルフ・カバーする名曲「シャンプー」と「Just Another Night」は秀逸なバラード。
 下田逸朗の感性と桑名正博が醸し出すブルージーな「ウォッカ or ラム」は、TEAR DROPSが演奏する大のお気に入り曲。
 「Lost in Hollywood」も、ブルース・ロック風のギター・サウンドが素晴らしいナンバーだ。

 「アイム・ア・ロンリー・レディ」は、先のヒット・シングル「女はそれを我慢できない」「女にスジは通らない」につづく第3弾シングル曲で、歌謡ロックとして傑作ナンバーなのだが、このアルバムの中では浮いた感じなのが残念。

AnnLewis_PinkPussyCat_vnl.jpg

 アルバム初回盤は、PINKのクリア・カラー・ビニールだった……

[ANN LEWIS]
★Think! Pink!★
★HEAVY MOON★

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://teaforone.blog4.fc2.com/tb.php/1297-f02e0b5c