TEA FOR ONE

まぁお茶でも飲みながら気ままに、好きなことを、すこ~しネタバレしながら、のんびりと………。

「実録エロ事師たち」*曽根中生監督作品


監督:曽根中生
原作」吉村平吉
脚本:下飯坂菊馬
撮影:畠中照夫
美術:菊川芳江
音楽:月見里太一(鏑木創)
出演:二條朱実、殿山泰司、江角英明、星まり子、榎木兵衛、高橋明

☆☆☆ 1974年/日活/75分

    ◇

 〝エロ事師〟の名称は、野坂昭如が命名したとされる。
 ポン引き(売春斡旋)、ブルーフィルムやエロ写真の製作、カップルが本番行為を見せる白黒ショーの実演・上映会など、その商いは野坂昭如原作、今村昌平監督の傑作人間喜劇映画『人類学入門「エロ事師たち」より』を見ればよくわかるものだが、本作は、その野坂昭如の小説のモデルとなった伝説のポン引き師吉村平吉の著作本を原作にしている。


 手配師の殿村銀次郎(殿山泰司)の斡旋で、白黒ショーを演じる中山(江角英明)と春子(星まり子)の夫婦。ある日ふたりのショーに感激した客の西沢(榎木兵衛)が弟子入りを懇願する。それは若い女房のユカリ(二條朱実)を満足させたい一心だった。
 彼に同情した3人がいろいろと協力するのだが、なかなか効果は表れない。ある日、西沢に同情した春子が彼をモーテルに誘い、西沢は初めての歓喜を味わう。それは春子にとって初めての浮気でもあった。
 一方、殿村は性的不感症のユカリを白黒ショーに誘うが、あらためて夫の不甲斐なさを知り別れる決心をする。そして、春子の浮気に気づいた中山を尻目に、西沢と春子は駆け落ちをするのだった。
 殿村は、残された中山とユカリの新しいコンビを結成し初舞台を催すのだが、殿村が抱えるオカマ売春のカップルやブルーフィルムの監督など全員があえなく逮捕されてしまう。
 手錠姿の殿村だが「次はうまくやるさ」とうそぶくのだった…。

    ◇

 1958年までポン引きをしていた吉村平吉が述懐する彼らの生態は、やくざとは違った非合法社会を形成し、開けっぴろげでなごやかな人間関係があったとしている。

 艶笑ドラマとしての本作は、暗い部屋で睦あうアングラな世界に生きる人間たちの軽い浮き草のような人生の悲哀と、リアルに淡々と流れてゆく時間の心地良さに魅入ってしまう映画だ。
 男と女の時間に身を任せる人間模様のなか、殿山泰司が飄々としながらも活力に満ちた手配師を好演し、ある意味主役とも言える榎木兵衛は見事な情けなさぶりで、名脇役としてのいぶし銀光る姿を楽しめる。

 もちろん女優陣もよし。1973年にミノルフォンから「泣くなおっぱいちゃん」(作詞:富永一朗、作曲:井上忠夫)で歌手デビューした星まり子は、この作品で二条珠美と名前を並べて映画デビュー。以後、全部で10本ほどのロマンポルノに出演している。

 そして、欄干に仕掛けた鏡越しのベッドシーンとか、ネガポジを反転した二条珠美の裸体とか、工夫を凝らした曽根中生監督の演出も冴える。



スポンサーサイト

Comment

ピーちゃん says... "二條珠美がポルノ女優№1…。"
年代的に日活ロマンポルノが劇場で観ることができた最後の世代の私ですが、数少ない“鑑賞”作品の中から、僕的にベストの女優を選ぶとすれば、二條珠美が間違いなくトップですね!?美人でナイスボディの上に演技力も備わっていて、映画館の暗がりで多くの男性ファンを濡らさせていたんではないでしょうか??
余談ながら星まり子は表記の歌謡曲で売り出した時に、偶然にも街のレコード店で催していたキャンペーン&即売会で見掛けたことがありました。何でもシングル盤一枚購入すると彼女のバストにタッチできる特典があるとの触れ込みでしたが、曲には興味なかったのと、それ以上に金欠だったので店頭をスルーしましたが、まさかポルノ作品にも出演していたとは初耳でした。たぶんレコードは期待したほどは売れなかったんでしょうね…?
2016.06.09 13:38 | URL | #yVcIaW5s [edit]
mickmac says... "Re: 二條珠美がポルノ女優№1…。"
>ピーちゃんさん
はじめまして
ピンク映画のスタアだった白川和子、宮下順子と同じように貫録の二條朱美…
ぼくが印象に残っている作品は曽根中生監督の「色情姉妹」での健気な〝とと姉ちゃん〟ぶりでしょうか(笑)
星まり子は歌がうただっただけに、歌手からロマンポルノへの流れは必然だったでしょう。
2016.06.12 17:27 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://teaforone.blog4.fc2.com/tb.php/1220-a590d237