TEA FOR ONE

まぁお茶でも飲みながら気ままに、好きなことを、すこ~しネタバレしながら、のんびりと………。

オーティス・ラッシュ/激情ライヴ!1976



 モダン・ブルースのギタリスト&ヴォーカリストとして大好きなアーティスト、オーティス・ラッシュの未発表ライヴの音源がCD化された。

 オーティス・ラッシュを聴くようになったのは、英国の白人ブルース・バンドを聴き出してからのこと。ピーター・グリーンのSo Many RoadsDouble Trouble、エリック・クラプトンのAll Your Love、ミック・テイラーやツェッペリンのI Can't Quit You,Baby、マイケル・ブルームフィールドのIt Takes Timeなど、その楽曲の印象は強い。
 スクイーズなギターが醸し出すエモーショナルな歌心で、聴く者のハートに強烈な個性として突き刺さる、悲哀感あるヴォーカルが魅力的なブルースマンです。

 その彼の最も油の乗っていた'70年代。このCDは、1976年にプロモーションのラジオ放送用にシカゴのクラブで録音されたもので、当時のレギュラーバンドがバックを支えているため、かなりエキサイティングで熱いステージが繰り広げられるし、またスローブルースも多く演奏し、その魅力を十分に堪能できる。

 このムチャクチャかっこいい演奏を聴いていると、名古屋公演でオーティスを間近で見たことを思い出します。ロックテイストのあるブルース・ギタリストという認識だったので、生のステージングの凄さに驚いたたものです。



 1975年7月26日(土)名古屋市公会堂で開催された『第3回ブルース・フェスティバル』のメイン・アーティストとして初来日。
 このCDのライナーで、近藤房之助が当時同じ地でオーティスのステージを見ていたことを知るのだが、そうか、名古屋のみB.BキングのSweet Little Angelを演奏したのか。覚えていなかった。

 ちなみに、『第1回ブルース・フェスティバル』は1974年の11月に、盲目のブルースマン、スリーピー・ジョン・エステスとロバート・ジュニア・ロックウッドがゲスト。『第2回ブルース・フェスティバル』は1975年の3月。ジュニア・ウェルズ & バディ・ガイ・ブルース・バンドがゲストだった。
 スリーピー・ジョン・エステスとロバート・ジュニア・ロックウッドは戦前に活躍したブルースマンで、既に時代から取り残されたブルースマンだったのだが、白人のブルースロックなどの流行から再注目をされ、この日本公演も久々の活動で脚光を浴びたふたりだった。



 オーティス・ラッシュの初来日公演のライヴ演奏は、東京・日比谷野外音楽堂での初日と最終日に録音された『So Many Roads/LIVE IN CONCERT』で全12曲を聴く事ができる。

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://teaforone.blog4.fc2.com/tb.php/122-2ff7e384