TEA FOR ONE

まぁお茶でも飲みながら気ままに、好きなことを、すこ~しネタバレしながら、のんびりと………。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「グリフターズ/詐欺師たち」*スティーヴン・フリアーズ

 以下作品は、映画前売券のコレクションとして記録するものです。


The GRIFTERS
監督:スティーヴン・フリアーズ
原作:ジム・トンプスン
脚本:ドナルド・E・ウェストレイク 
製作:マーティン・スコセッシ
音楽:エルマー・バーンスタイン
出演:アンジェリカ・ヒューストン、ジョン・キューザック、アネット・ベニング

☆☆☆★ 1990年/アメリカ/109分

 初見1992年1月。
 副タイトルの「詐欺師たち」とか惹句から巧妙なコン・ゲームが繰り広げられるのかと思うと大間違い。
 本作は1963年に発表されたジム・トンプスンの小説「グリフターズ」の映像化で、愛憎関係にある母と息子と息子の恋人の3人の詐欺師たちの人間模様が描かれるハードボイルドなクライム・ムーヴィーである。

 アンジェリカ・ヒューストンの一人舞台と云ってもいい貫禄と、鬼親ぶり全開でラストまで突っ走る凄さ。
 色仕掛けに長けたアネット・ベニングにはヌード・シーンもあり、いまとなっては貴重なもの。

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://teaforone.blog4.fc2.com/tb.php/1202-5fda0e7a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。