TEA FOR ONE

まぁお茶でも飲みながら気ままに、好きなことを、すこ~しネタバレしながら、のんびりと………。

「ハンガー」*トニー・スコット

以下作品は、映画前売券のコレクションとして記録するのみです。

1984_ハンガー
THE HUNGER
監督:トニー・スコット
脚本:ジェームズ・コスティガン、アイヴァン・デイヴィス、マイケル・トーマス
原作:ホイットリー・ストリーバー
音楽:ガブリエル・フォーレ
出演:カトリーヌ・ドヌーヴ、デヴィッド・ボウイ、スーザン・サランドン

☆☆☆★ 1984年/イギリス/96分

 初見1984年4月。

 トニー・スコットの初監督作品。
 カーミラ(女吸血鬼)を扱った吸血鬼物語だが、原題の〝THE HUNGER〟「渇望」は血に飢えたヴァンパイアのことではなく、〝愛〟に飢えた者たちの物語として成立している。
 
 美しい金髪をなびかせニューヨークをあるくカトリーヌ・ドヌーヴは何千年ものむかしからヴァンパイアとして生き続け、時代ごとに恋人を見つけては仲間にしている。
 いまニューヨークで一緒に暮らしているのは、18世紀のロンドンから連れて来た愛人デヴィッド・ボウイ。
 〝不死〟を約束でヴァンパイアになったボウイだが、実は200年しか生きられないのが運命。彼はいま、その美貌の衰えに恐怖している。

 ふたりの退廃的美しさ…カトリーヌ・ドヌーヴの美しさは、まさにヴァンパイア的に永遠。

 美しいボウイが急激に老い変貌し倒れると、ドヌーヴが次の愛人として目をつけるのがスーザン・サランドン。ふたりのレズビアン・シーンがエロティックに展開する。
 トニー・スコットの耽美で美しい映像に魅了されるばかり……。

 公開時の批評は芳しくなかったようだが、いまはカルト的人気のある作品である。

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://teaforone.blog4.fc2.com/tb.php/1181-176f60f8