TEA FOR ONE

まぁお茶でも飲みながら気ままに、好きなことを、すこ~しネタバレしながら、のんびりと………。

「女優」増田惠子


増田惠子◆ 女優/くれないチャイナタウン 1984年

 1984年6月にリリースされたケイの4枚目のソロシングルは、事務所移籍とともにレコード会社もワーナパイオニアからフォーライフへ移籍し、名前も〝けい子〟から〝惠子〟に変えての第1弾。

 A面「女優」は作詞・作曲が桑田佳祐。
 ソロ・デビューから3作を中島みゆき、松任谷由実、竹内まりやとニューミュージック路線で歌ってきたケイが、今回はしっとりと、桑田佳祐流の歌謡曲を歌う。
 これはTV『欽ちゃんのどこまでやるの?』の劇中劇から生まれた曲なのだが、ヒットには繋がらなかった。

 この年は同じ6月にMIEが「NEVER」をリリースした。これはTV『不良少女とよばれて』の主題歌として大ヒット。コンビを離れてお互いそれぞれの道を歩んでいたふたりだが、ここにきてMIEはソロ・デビューの雪辱を果たしたことになる。ケイへの想いは如何にってところだが、やはり、この頃のふたりの仲は最悪だったという。

 B面「くれないチャイナタウン」は作詞が峰岸未来、作曲は佐藤準。
 ベンチャーズ歌謡を思わす軽快なビート歌謡で、実は「女優」よりこちらの方が断然好きだ。

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://teaforone.blog4.fc2.com/tb.php/1171-b475e43a