TEA FOR ONE

まぁお茶でも飲みながら気ままに、好きなことを、すこ~しネタバレしながら、のんびりと………。

「気分を出してもう一度」立木リサ&今野雄二


立木リサ&今野雄二◆ 気分を出してもう一度/20才のころ 1977年

 1977年7月、立木リサと今野雄二のデュエットでリリースされた「気分を出してもう一度」は、安井かずみ作詞/加藤和彦作曲の日本のニューミュージック・シーンを代表するアーヴァン・シティ・ポップの名曲。
 サディスティック・ミカ・バンド解散後の朋友たちが演奏・歌い繋いだお洒落な曲で、ゆるやかさが心地良い。

 豪華なバック・ミュージシャンは〝THE BOYS IN THE BAND〟とクレジットされた鈴木茂(Guitar)、高橋幸宏(Drums)、後藤次利(Bass)、今井裕(Keyboard)、斉藤ノブ(Percussion)、ラジ(Chorus)、瀬尾一三(Chorus)らメンバー。アレンジは瀬尾一三で、ジャケット写真は当時リサの義兄となる立木義浩。

 同年8月には、小林啓子が3rdアルバム『ちょっと気分をかえて』のA面1曲目に「気分を出してもう一度」を収録しリリース。10月にシングル・カットもしている。アレンジは当時夫だった高橋幸宏の実兄・高橋信之で、バック・ミュージシャンは〝THE BOYS IN THE BAND〟のメンバーとギター以外同じ面子。


 立木リサと今野雄二、小林啓子の曲にコーラス参加していた元〝ポニーテイル〟のラジ〝RAJIE〟も、同じ年に同じメンバーで録音した1stソロアルバム『Heart To Heart』(9月リリース)に「気分を出してもう一度」を収録。競作は3ヶ月連続でリリースされたことになる。
 1978年には加藤和彦自身もアルバム『Gardenia』でセルフカヴァーをしていた。
 近年では2002年の、元〝ピチカート・ファイブ〟野宮真貴と〝クレイジーケンバンド〟横山剣のデュエットがある。

 さて、B面も和製ボサノヴァの名曲と云える、かまやつひろしの「20才のころ」(作詞:安井かずみ/なかにし礼、作曲:かまやつひろし)のカヴァーだ。

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://teaforone.blog4.fc2.com/tb.php/1167-4089ffb4