TEA FOR ONE

まぁお茶でも飲みながら気ままに、好きなことを、すこ~しネタバレしながら、のんびりと………。

「ソロモンの偽証 前篇:事件/後篇:裁判」*成島出監督作品


監督:成島出
原作:宮部みゆき
脚本:真辺克彦
音楽:安川午朗
主題歌:U2「With or Without You」
出演:藤野涼子、板垣瑞生、石井杏奈、清水尋也、富田望生、前田航基、望月歩、西畑澪花、西村成忠、若林時英 * 佐々木蔵之介、夏川結衣、永作博美、小日向文世、尾野真千子、黒木華、田畑智子、松重豊、余貴美子、池谷のぶえ、塚地武雅、田中壮太郎、市川実和子、江口のりこ、森口瑤子、安藤玉恵、木下ふか、宮川一朗太、嶋田久作、大河内浩、津川雅彦

☆☆☆★ 2015年/松竹/267分

    ◇

 宮部みゆきのベストセラー小説の映像化。
 3月7日公開の「前篇:事件」と4月11日公開の「後篇:裁判」を、プレミアム上映会でイッキに鑑賞した。前後篇合わせた5時間(インターバルあり)はあっという間の出来事。可能ならば同時に鑑賞することをお勧めするのだが……。

 クリスマスの朝、雪の積もった中学校の校庭で14歳の少年が遺体で発見されたことから、学校内に眠る悪意が目を醒ました。目撃者を名乗る匿名の告発状が届き、マスコミの過熱報道が事件の主役をすり替える。
 そして、また犠牲者が出た。事件の真相を大人には任せられないと生徒たちが自分たちで法廷を開く。真実を求めてゆく先にあるものは……。


 原作は、連載に足掛け10年をかけた2,000頁を超える大作。主要登場人物の生徒たちだけでも9人以上を超え、少年少女たちを取り囲む大人たちである家族や学校関係者・マスコミなどの世界も含め、チャプターごとにひとり一人の視点から描写されている。
 それだけに、原作ファンとしては映画化のニュースが流れたときには一抹の不安があった。原作の醍醐味を前後篇の映画に分けたとしても無理が生じるだろうと……映像化だったら映画よりWOWOWドラマあたりの方が、原作の世界観を堪能できるのではないかと思っていたのが正直なところだ。しかし、そんな杞憂はあっさりと覆られた。細かな枝葉を巧く刈り込んだ脚本は、見事に原作の世界観を甦らせていた。

 なんと言ってもヒロインがいい……役名を芸名にした藤野涼子の、凛々しい佇まいと悠然とした低音の声音には大物になる予感さえする。

 生徒たちの人物設定において入れ替えや二人でひとりのキャラクターにしたりした苦肉の策は違和感がなかったが、担任教諭モリリン(黒木華)の隣人垣内美奈絵(市川実和子)のエピソードはもう少し欲しいところ。垣内美奈絵がモリリンに執拗な敵意を抱く動機が見えにくいので、原作を知らない観客には不自然に映るのではないか。それにしても、市川実和子の蛇女顔が怖い。這姿はホラーだ。

 また、亡くなった柏木卓也(望月歩)と弁護人となる神原和彦(板垣瑞生)が通っていた塾のエピソードがまるまるカットされ、柏木の兄の存在もなくなってしまったので、柏木卓也という少年の実像と心の深い部分の多面性が希薄になったような気がした。
 それでも、原作にはない藤野涼子と柏木卓也とのエピソードを加え、そこで発せられる言葉が核心部分を補正し、クライマックスは原作とは違う高揚感と切なさに包まれる。映画としてのテーマは、これでいい。

 前篇のエンディングには少女の悪夢を沈殿させるかのようにアルビノーニの「アダージョ」が流れ、後篇のエンディング・テーマはU2ボノの歌声で傷ついた者たちの叫びが代弁される。

 ♪君はすべてを与えてくれる 
  ぼくはより多くを求めて君を待っている
  君がいても いなくても 
  ぼくは生きてゆけない
  君と一緒でも 君なしでも

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://teaforone.blog4.fc2.com/tb.php/1161-b251ea0f
映画「ソロモンの偽証 前篇・事件」@松竹試写室
 映画レビューサイトCOCOさんのレビュアーを招いた試写会に参加した。客入りは8~9割位だ。
ソロモンの偽証 前篇・事件 ★★★★
人気作家・宮部みゆきのベストセラーを実写化した、ミステリー2部作の前編。ある中学校で起きた不可解な生徒死亡事件と、その真相を暴こうする女子生徒が開く学校内裁判の行方を追い掛ける。監督を務めるのは、『孤高のメス』などの成島出。『超高速!参勤交代』などの佐...
『ソロモンの偽証 前篇・事件』子どもたちは何に傷つくのか
ソロモンの偽証 前篇・事件     監督: 成島出    キャスト: 藤野涼子、板垣瑞生、石井杏奈、清水尋也、富田望生、前田航基、望月歩、西畑澪花、若林時英、西村成忠、加藤幹夫、石川新太、佐々木蔵之介、夏川結衣、永作博美、黒木華、田畑智子、池谷のぶえ、塚地…
『ソロモンの偽証 前篇・事件』
柏木卓也という鏡に映った自分が語り掛ける。この口先だけの偽善者め! なぜにこの作品を前篇・後篇と分けたのか。4時間を超えてもいいから、出来れば一本の作品として裁判の結 ...
ソロモンの偽証 前篇・事件
ソロモンの偽証 前篇・事件@松竹試写室
ソロモンの偽証 前篇・事件
評価:★★★★☆【4.5点】(11) 高潔な印象の邦題と校内裁判という目新しさに
ソロモンの偽証 前篇・事件
終業式に向かう途中、雪の積もった校庭で中学2年の藤野涼子は、クラスメート柏木卓也の死体を発見する。 屋上から転落したと思われる柏木は不登校の状態が続いており、遺書は発見されなかったが警察は早々に自殺であると結論づけた。 ところが涼子のもとに、事件は他殺だという匿名の告発状が届く…。 ミステリー。 ≪嘘つきは、大人のはじまり。≫
映画「ソロモンの偽証 前篇・事件」
話題の映画「ソロモンの偽証 前篇・事件」を鑑賞しました。
ソロモンの偽証 前篇・事件
ソロモンの偽証 前篇・事件 ユナイテッド・シネマ浦和 3/7公開 クリスマスの朝、雪に覆われた中学校の校庭で柏木卓也という14歳の生徒が 転落死してしまう。 彼の死によって校内にただならぬ緊張感が漂う中、転落死の現場を目にしたという者から の告発状が放たれたことによってマスコミの報道もヒートアップ。 さらに、何者かの手による殺人計画の存在がささやかれ、実際に犠牲者が 続出して...
ソロモンの偽証 前篇・事件(ネタバレあり!)
[ソロモンの偽証] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ 評価:小吉 2015年9本目です。 【あらすじ】 1990年12月25日。 中学2年生の藤野涼子はウサギ小屋の飼育当番として学校を訪れた矢先、遺体となって雪の中に埋もれていた同級生の柏木卓也(…
「ソロモンの偽証 前篇・事件」
主役の子、よかったですね。
ソロモンの偽証 前篇・事件
2時間の上映時間でしっかりと事件の起きた背景を説明しつつ、生徒だけで裁判を起こす準備段階を描いている。その濃密な描写は、後篇への前奏として見逃せない。何が後篇へのふせんになっているかわからないのだ。
『ソロモンの偽証 前篇・事件』
□作品オフィシャルサイト 「ソロモンの偽証 前篇・事件」□監督 成島 出□脚本 真辺克彦□原作 宮部みゆき□キャスト 藤野涼子、板垣瑞生、石井杏奈、清水尋也、富田望生       小野真千子、松重 豊、佐々木蔵之介、夏川結衣、永作博美、小日向文世■鑑賞日 ...
映画「ソロモンの偽証 前篇・事件」あり得ないのに感じるリアル
映画「ソロモンの偽証 前篇・事件」★★★★面白かった 藤野涼子、板垣瑞生、石井杏奈、 清水尋也、富田望生、前田航基、 佐々木蔵之介、夏川結衣、永作博美、 黒木華、田畑智子、松重豊、小日向文出演 成島出 監督、 121分、2015年3月7日公開 2015,日本,松竹 (原題/原作:ソロモンの偽証/宮部みゆき原作)
裁判までの高まる前篇
26日のことですが、映画「ソロモンの偽証 前篇・事件」を鑑賞しました。 クリスマスの朝、中学校の校庭で柏木卓也の転落死した遺体が発見される。自殺と発表される中 大出俊次を名指しした殺人の告発状が届けられる 事件は混沌とし様々な疑惑 憶測がある中 遺体の第一発...
ソロモンの偽証 前篇・事件
2015年 日本 121分 サスペンス/ミステリー 劇場公開(2015/03/07) 監督: 成島出 原作: 宮部みゆき 主題歌: U2『ウィズ・オア・ウィズアウト・ユー』 出演: 藤野涼子:藤野涼子 板垣瑞生:神原和彦 石井杏奈:三宅樹理 清水尋也:大出俊次 富田望生:浅井...