TEA FOR ONE

まぁお茶でも飲みながら気ままに、好きなことを、すこ~しネタバレしながら、のんびりと………。

「真夜中まで」*和田誠監督作品

2001_真夜中まで
監督:和田誠
脚本:和田誠、長谷川隆
音楽:立川直樹
出演:真田広之、ミッシェル・リー、岸部一徳、國村隼、柄本明、笹野高史、斉藤晴彦、六平直政、もたいまさこ [ゲスト]大竹しのぶ、高橋克実、佐藤仁美、唐沢寿明、戸田菜穂、三谷幸喜、名古屋章、小松政夫 ほか(登場順)

☆☆☆☆ 1999年/日本・東北新社/110分

 2001年公開、初見2001年9月。
 イラストレーターとして『おたのしみはこれからだ』やエッセイなどの執筆者でもあり、『麻雀放浪記』『快盗ルビイ』など映画監督としてもその多才ぶりを発揮している和田誠の長編劇映画4作目、初のオリジナル脚本の作品。
 無類のジャズ好きで映画マニアの和田誠らしい遊びとこだわりで、とびっきりのエンターテインメントな逃走サスペンスが繰り広げられる。大好きな映画だ。

 街の夜景が艶やかな夜10時34分。ここはライヴハウス「Cotton Tail」。ジャズ・トランぺッターの守山(真田広之)にとって今夜は特別な夜だった。憧れのジャズマンG.P.サリヴァンが夜中のステージを聴きに来るのだ。
 休憩時間、店の外に出た彼のもとに突然、ホステスのリンダ(ミッシェル・リー)が助けを求めて来た。事情が呑み込めない守山だったが行きがかり上、リンダを追いつめる男たち(岸部一徳、國村隼)の攻撃をかわし、リンダを連れて夜の街へ飛び出すのだった。
 次のステージまで残された時間は1時間。
 果たして、殺人事件を目撃したリンダとともに守山は、事件を解決してステージに戻ることができるのか…?

    ◇

 「ジャズというジャンルはない。ジャズな人がいるだけだ」と、ジャズについてタモリが語った言葉のように、この作品はジャズな人が創った極上なジャズな映画である。

 ヒッチコック映画に見られる巻き込まれ型サスペンスの踏襲として、ありふれた判り易いストーリー展開に終始。ジャズと小道具に凝り、渋い脇役たちと多彩なゲストが大きな魅力になっている。
 「ROUND MIDNIGHT」が流れるオープニング、怪しい男たちがいる駐車場から隣のビルの階下にあるジャズバーの窓を抜け、店内のステージでトランペットを吹く真田広之にカメラが寄ってゆくカメラワーク。ワンシーン・ワンカットに見える技の流麗さに感嘆し、この映画の虜になる。

 ジャズをこよなく愛する和田誠の選んだジャズ・スタンダード・ナンバー「SO WHAT」「LULLABY OF BIRDLAND」「MY ONE AND ONLY LOVE」などが優雅に使われ、唱歌「月の砂漠」を隠し技にするお楽しみ等々、とにかく隅々まで洒落た作品なのである。

 夜の帳が映し出す妖しいアジアンテイストな街並と夜景。撮影と照明の素晴らしさに目を瞠らされる。
 次のステージの時間までというタイムリミットを設けたスリリングな展開は、追いつ追われつする物語の進行時間と上映時間がリアルに重なる仕掛け。設定は架空の街の架空のライヴハウスだから、こんなに長い休憩時間も許される。

 佐山雅弘ら日本を代表するジャズ・ミュージシャンを従える真田広之だが、実際は五十嵐一正が吹く甘美な音色。ただ、ジャズマンらしい真田広之の佇まいは及第点であろう。


★快盗ルビイ★

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://teaforone.blog4.fc2.com/tb.php/1157-2b0e5859