TEA FOR ONE

まぁお茶でも飲みながら気ままに、好きなことを、すこ~しネタバレしながら、のんびりと………。

「ナイト・オン・ザ・プラネット」*ジム・ジャームッシュ


NIGHT ON EARTH
監督:ジム・ジャームッシュ
脚本:ジム・ジャームッシュ
音楽:トム・ウェイツ
出演:ウィノナ・ライダー、ジーナ・ローランズ、ベアトリス・ダル、ロベルト・ベニーニ、アーミン・ミューラー=スタール、ロージー・ペレス、ジャンカルロ・エスポジート

☆☆☆☆ 1991年/アメリカ・イギリス・フランス/129分

 初見1992年6月。
 地球上の5つの都市(ロサンゼルス、ニューヨーク、ローマ、パリ、ヘルシンキ)で同じ夜に起っている5つのエピソードを、5人のタクシードライバーたちによって物語が展開するオムニバス映画。
 夕暮れの1話から夜が明ける5話まで、映画の世界をタクシーの小さな空間と夜に限っているところにジム・ジャームッシュのセンスが光る。
 夜のしじまの中、深夜ドライバーと乗客との他愛の無い会話。世界中のどこかで、常に繰り広げられている人と人との交流に笑ったり涙したり。それがいつの間にか、ネオンの明かりや街の灯火のようにさりげなく、観ている我々に重なったゆく奇跡的な時間。
 
 ウィノナ・ライダーと乗客のジーナ・ローランズのLA編が秀逸。このふたりの物語だけ1本の作品として観てみたかった。
 そして、なんと言ってもトム・ウェイツの音楽が最高だ!

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://teaforone.blog4.fc2.com/tb.php/1155-3609e106